癌学会でも発表された注目の成分p53誘導体

癌学会でも発表された注目の成分p53誘導体を配合

がん補完医療の研究により開発することができた、がん補完医療の複合体成分です。

ヒバマタ海藻からごく微量に抽出できる高水準のフコイダンを主体に 「全分子フコイダン・フコース・フコキサンチン・DBグルコース」で構成されています。

シンゲンメディカル札幌研究所 高橋延昭 所長により発見された、p53誘導体の重要な構成要素の一つです。

グルコースを基盤とした独自成分で、増殖を繰り返すがん細胞の成長を阻止する、 癌細胞増殖抑制作用が期待される重要な成分です。

マウスによる臨床試験では、「p53誘導体DBグルコース」を与えた一群において W14固形がんの成長を100%阻害するという驚くべき結果が得られました。