ビーフジャーキーを好みの味付けで自作したい



ビーフジャーキーを好みの味付けで自作したい市販のビーフジャーキーだと…

・味つけがしょっぱい、辛い。自分好みの味付けが見つからない。
・ビールのおつまみとして毎回買うと高い。

手作りビーフジャーキーを作りたいけど、大変そうだし、難しそう。

①肉を好みの厚さに切る
脂身を取り除いた牛赤身肉をスライス。(半冷凍すると切りやすい)
厚すぎると乾燥時間も長く、半生状態になりやすいので、5mm以下を推奨します。

②好みの味付けをする
オリジナルのタレを食品用保存袋に入れ、先ほど切った牛肉を入れて漬け込みます。
味を染み込ませるため、冷蔵庫で一晩寝かせます。
タレを作るのがめんどくさいという方は、焼肉のタレで済ませるのも1つの手です。

③ビーフジャーキーメーカーで乾燥スタート
漬けこんだ牛肉を取り出し、キッチンペーパーで水分をとります。
トレイに並べて、電源ON。乾燥がスタートします。

美容クリームです。 出来てしまったシミにポイントで使用します。



シミに有効的な2つの成分をWで使用することで 出来てしまったシミにアプローチするだけでなく シミの元であるメラニンの生成を抑制し、シミを出来にくいお肌に導きます。

◆ハイドロキノン
美容通に人気の美白成分『ハイドロキノン』を4%使用し 累計販売総数400,000本(2018年12月現在)を売り上げた美容クリームです。
出来てしまったシミにポイントで使用します。

肌の漂白剤とも呼ばれているハイドロキノン。 シミの原因であるメラニン色素の産生を抑えるだけでなく、 メラニン色素をつくる細胞(メラノサイト)そのものを減少させる成分です。

有名な美白成分としてビタミンCやプラセンタなどがありますが、 ハイドロキノンはそれらの10~100倍の効果があると言われています。

ハイドロキノンは予防するだけではなく、 皮膚に沈着したメラニン色素にまで働きかけることから、

今あるシミに対しても効果が確認されています。

乳房の形を元に戻す場合にも、このヒアルロン酸注入法は有効



ヒアルロン酸注入による豊胸術は、メスを使うことなく豊かで理想的な形、大きさのバストになれる方法として人気の治療法です。 ヒアルロン酸は、人体の真皮層にもともと存在するムコ多糖類の一種のことで水となじみやすいため保水力が高く、肌のハリや弾力を保つ働きがあります。

約2年間で体内へと吸収されますが、人体にもともと存在する成分です。再度注入することで同様の効果が得られます。

また、美容として豊胸を目的とした注入のみならず、 例えば授乳期を終えて萎んでしまったバストにハリを持たせたい場合や、不慮の事故や手術により変わってしまった乳房の形を元に戻す場合にも、このヒアルロン酸注入法は有効です。

効果の持続期間は、ヒアルロン酸より長く、なんと3〜5年。ゆっくり分解され、尿として排泄されるので、体内に残る心配はありません。

万が一、元に戻したいという場合は、生理食塩水を加えることで簡単に分解、排泄することができます。