シュヴァルツェスマーケン 紅血の紋章

西ドイツから来た少女カティアは東ドイツへ亡命を希望し、
第666中隊への編入を願い出た。

中隊付き政治将校であるグレーテル・イェッケルン中尉は東ドイツを支配している国家保安省に目を付けられる事を訴えたが、

アイリスディーナは編入を許可し、
カティアの教育係にテオドールを任命する。

国家保安省に目を付けられる事を恐れたテオドールはカティアに東ドイツに亡命した理由を問い詰める。

すると、カティアはある人物を探すために来たと亡命の目的を答えるのだった…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です