LFD脂肪注入法では、1~2カップ程度のバストアップが可能

ガーデン式脂肪注入豊胸術

気になるお腹や腰、太ももといった「LFD」と呼ばれる脂肪を吸引してバストに注入します。

LFDとは、Localized Fat Depositsの略で皮下脂肪の中でも深い層にある脂肪のこと。痩せにくい一方で膨らみやすい特性を持っています。

脂肪吸引を得意とする医師にこそ吸引できる脂肪です。

このLFDを胸に注入することで定着し易くなり、バレにくい自然な仕上がりに。同時に部分痩せも叶い、トータルのボディバランスがよりキレイになります。

LFD脂肪注入法では、1~2カップ程度のバストアップが可能です。

ピュアグラフト豊胸とは

二の腕やお腹などの脂肪が気になる~不純物を取り除くシステムです。

こうして精製された脂肪をバストへ注入すると定着しやすくなります。しこりが発生する危険性を抑え、長期的なバストアップ効果が期待できます。

また、精製操作はクローズド状態で行われますので、落下細菌による感染のリスクも軽減することが可能です。

定着した脂肪は元からご自身の胸だったかのような柔らかさと形を演出します。

リスク回避と定着のしやすさを重視される方にはピュアグラフト豊胸がおすすめです。



整形はコンプレックスをただ改善させるだけでなくイメージチェンジに

お顔のパーツに1つでも変化があると顔の印象が華やかになったり、
凛とした印象になったりと、整形はコンプレックスをただ改善させるだけでなく
イメージチェンジにも繋がります。

術後のイメージを明確に

例えば、一口に目を大きくしたいと言っても、
骨格や脂肪のつき方、元々の表情など
患者様によって施術方法は様々です。
理想のイメージを言葉で詳しく表現することは
非常に難しいと思いますがご安心ください。
医師がしっかりと診察させていただき、
患者様の理想を詳しく伺いながら
持たれているイメージに近付けるご提案をいたします。