マグロを1本のまま、生で熟成して、味を引き出したマグロのサクです!

【青森県産 天然本マグロ】上赤身 500g

5,400 円 (税込 / 送料別)

マグロ通ならわかる赤身のうまさ。

完全な赤身ではなく、ほんのり脂が入っている部分のことを『上赤身』と呼んでおります。

<こだわり>
マグロを1本のまま、生で熟成して、味を引き出したマグロのサクです!
捌いたりして、マグロの身を傷つけることなく、熟成することで、魚肉内部にあるエネルギー(ATPアデノシン三リン酸)が、旨味成分であるIMP(イノシン酸)に変わります!
釣りたてのお魚が美味しいのは、アジやイワシなどで、マグロの釣りたては美味しくありません!
美味しくするためには、船の上での処理と、そのあとの熟成工程にかかっております。

青森県で水揚げされる天然の本まぐろのみを使った加工品2品です。

【天然本マグロ】漁師激薦! なめろう&漬け(100g×2)

1,800 円 (税込 / 送料別)

100g×2

青森県で水揚げされる天然の本まぐろのみを使った加工品2品です。
内容量(マグロの漬け丼1パック100gなめろう1パック100g)

【マグロの漬け1パック100g】
マグロの全ての部位を使用して、赤身中トロ大トロも入っているマグロの漬けです。写真にあるように、ダイス状にカット済みで、醤油ベースのタレに漬け込んでありますので、流水解凍すれば、すぐに召し上がれます。そのままでも、すこしわさびを付けて食べれば、酒の肴にぴったり。ご飯に乗せればすぐにマグロ丼の完成です。

【なめろう1パック100g】
マグロをなめろうにしちゃいました!
原材料は、マグロ、味噌、ネギ、生姜です。アジのなめろうも美味しいですが、このマグロのなめろうを食べると、やっぱりマグロって美味しいんだな、って感じてもらえると思います。味噌、生姜、ネギの配合は、試行錯誤して決まりました。

適度な潮の流れのある豊かな海で育った牡蠣は、まろやかで濃厚な味わい

【加熱用】殻付き牡蠣20ヶ+【生食用】むき身1K袋(または500g×2袋)

7,200 円 (税込 / 送料別)

【加熱用】殻付き牡蠣20ヶ+【生食用】むき身1K袋(または500g×2袋)

島に囲まれた波が静かでありながら、適度な潮の流れのある豊かな海で育った牡蠣は、まろやかで濃厚な味わいです。

もっと多くの方に音戸産牡蠣の美味しさを届けたい!
皆さんご存知のとおり、広島県は牡蠣の生産量全国一です。しかし、呉産、音戸産となると、知らないという方がほとんどなのではないでしょうか?

春頃の濃厚な味とは一味違う、あっさりとして食べやすい、この時期ならではの牡蠣を

【生食用】生かき むき身 500g× 4袋

7,725 円 (税込 / 送料別)

【生食用】生かき むき身 500g× 4袋

春頃の濃厚な味とは一味違う、あっさりとして食べやすい、
この時期ならではの牡蠣を、ぜひご賞味ください。

500gずつの小分けになっていますので、
ご家族・ご友人・ご近所さんと
ご一緒にいかがでしょうか?

上赤身サク 1000g 生の状態からカットしているため、真四角ではありません。

【青森県産 天然本マグロ】上赤身 1000g

10,000 円 (税込 / 送料別)

上赤身サク 1000g

※冷凍マグロをバンドソーでカットしている商品と違い、生の状態からカットしているため、真四角ではありません。
※1サク 100g~250g程度(天然物のためサイズにばらつきがあり、数字は目安程度となります。)のサクを複数サク発送いたします。

解凍の仕方を記した紙を同梱しますので、安心して解凍できます^ ^

世界でも稀有な天然藍染革「SUKUMO Leather」を使用

世界でも稀有な天然藍染革「SUKUMO Leather」を使用



SUKUMO Leather(スクモレザー)とは、国選定無形文化財である徳島県の阿波藍を使い、京都で天然灰汁建本藍染された、世界でも稀有な天然本藍染革です。

藍の葉を熟成・発酵させてつくられる天然染料「蒅(すくも)」、その作り方は約600年も受け継がれてきた伝統製法です。

『藍〜AI〜』では、この「蒅(すくも)」を使って染められた革を使用しています。
原料には徳島産阿波藍を使用しています。阿波地方における藍の栽培、製法には約600年の歴史があり、現在5件ほどしか残っていない藍師(あいし)」によって育てられたものが「阿波藍」です。

その貴重な阿波藍を使い、天然灰汁建本藍染にこだわる京都の呉服染色職人が染め上げます。

藍は強アルカリ性のため、革には不向きと言われています。しかし、染色後に兵庫県たつの市の革タンナーにてステンレス製のドラムで湯戻しされながら、天然の藍色を定着させています。くわえて、革を一枚ずつばた振り機にかけ、繊維をほぐすことで、驚くべきしなやかさをもった革が完成します。