犬を飼ったら、きちんと愛犬をしつけることが飼い主の義務です。

犬のしつけ・飼い方 基本的なしつけを行えば 犬も飼い主も幸せに

犬を飼ったら、きちんと愛犬をしつけることが飼い主の義務です。まずは飼い主がリーダーであることを認識させ、よいことをしたら褒め、悪いことをしたら叱ることを徹底しましょう。特に愛情を込めて褒めることはとても大切です。

基本的なしつけ

トイレのしつけ…室内飼いの場合、子犬を迎えたらまず行いたいのがトイレトレーニングです。トイレの場所を決めて、きちんとそこでできるように、徹底的に教え込みましょう。外に出た時にしか排泄をしない犬もいますが、老犬になったり病気になった時のことを考えると家の中で教えた通りにトイレができるようになるのが望ましいです。

ハウスのしつけ…クレートを用意し、飼い主が命令すると犬が自発的に中に入っておとなしくできるようにするしつけです。ハウスのしつけができていると、犬を留守番させる時も、自分の居場所があるために、落ち着いて過ごすことができるようになります。また、災害時などにも役立ちます。

問題行動の改善…無駄吠え、噛み癖、拾い食いなど問題行動がある犬は、早い段階で改善させましょう。改善させるには根気強くトレーニングを行う必要があります。ドッグトレーナーなど犬のしつけのプロに相談するのもひとつの方法です。