祝姫(いわいひめ)

煤払家の男子は代々、一定の歳を迎えると親元を離れて独り立ちする。

そして誰にも頼らずに心身を鍛え、それを以て一人前と認められたそうだ。

だからこの日に備え、一人で生活する為に様々なことを身に付けてきた。

県立須々田高校。そこが僕の新しい学校だ。
本当なら、2年からの転校ではなく、1年の時に入学する予定だった。

高校での毎日は、気楽なだけでなく、とても快適。
誰もが楽しげに過ごす2年A組。

しかし、彼女。黒神十重(クロカミトエ)。

彼女は、不思議、……という言葉だけでは説明のつかない少女だった。

シュヴァルツェスマーケン 紅血の紋章

西ドイツから来た少女カティアは東ドイツへ亡命を希望し、
第666中隊への編入を願い出た。

中隊付き政治将校であるグレーテル・イェッケルン中尉は東ドイツを支配している国家保安省に目を付けられる事を訴えたが、

アイリスディーナは編入を許可し、
カティアの教育係にテオドールを任命する。

国家保安省に目を付けられる事を恐れたテオドールはカティアに東ドイツに亡命した理由を問い詰める。

すると、カティアはある人物を探すために来たと亡命の目的を答えるのだった…。

VOICEROID+ 東北きりたん

『VOICEROID+ 東北きりたん EX』は、声優「茜屋日海夏」の声を元に制作した、

落ち着いていながらも可愛らしい声が特徴の入力文字読み上げソフトです。

あなたのお好みの文章や言葉をテキストで入力するだけで、簡単に読み上げさせることができます。

フレーズごとの話速/高さ/抑揚などの細かな調整を行うことで、豊かな表現を行えます。

祝姫(いわいひめ)

煤払家の男子は代々、一定の歳を迎えると親元を離れて独り立ちする。

そして誰にも頼らずに心身を鍛え、それを以て一人前と認められたそうだ。

だからこの日に備え、一人で生活する為に様々なことを身に付けてきた。

県立須々田高校。そこが僕の新しい学校だ。
本当なら、2年からの転校ではなく、1年の時に入学する予定だった。

高校での毎日は、気楽なだけでなく、とても快適。
誰もが楽しげに過ごす2年A組。

しかし、彼女。黒神十重(クロカミトエ)。

彼女は、不思議、……という言葉だけでは説明のつかない少女だった。