尾行調査で”いじめ”の内容を把握



通学路の張り込み、尾行調査を中心とした内容で、調査対象者には気づかれずに、行動を正確に確認いたします。

第三者である探偵だからこそ確かな事実や、子供と家族のプライバシーに最大限の配慮をしながら、

いじめの実態調査が可能となるのです。

いじめは被害者のお子様だけでは解決できず、放っておくと事件にまで発展する恐れがあります。

早急に、ご家族や関係者が取り組んでいかなければならない問題です。

「うちの子にかぎって!?」という考えは無くしてください。
日頃の生活で子供からのサインを見逃さずに、いじめの有無を把握しましょう。

できれば子供に知られずに、いじめの事実を確認することができればいいのですが、大変デリケートな問題ですし、

ご自身で調査を行うのは非常に困難です。

そこで、いじめ調査に豊富な経験を持ち、独自の手法で確実な証拠を押さえる、原一探偵事務所にお任せください。 いじめ

加害者は自分をストーカーとは思っていないから危険



男女のもつれから相手側がストーカー化した場合、
警察では介入しにくい場合があります。

警察は公的機関ですから、
一方だけの話を聞いて一方だけを悪者には出来ません。

“善と悪の区別”(証拠)が必要になります。

とても悔しいことなのですが、ご相談者様がストーカー被害を立証する必要があります。

そうでなければなかなか警察は動いてくれません。

あなたが好意を持っていない人間や、
身に覚えのない人間から執拗につけまわされたり、

迷惑行為をされるという“ストーカー行為”が
数多く発生しています。

最悪、殺人事件に迄発展しているケースが
近年見られます。又、加害者は自分をストーカーとは

思っていない事が多い為、証拠を取って対処しないと
エスカレートしてくる事が多いです。

ストーカー

加害者は自分をストーカーとは思っていないから危険



男女のもつれから相手側がストーカー化した場合、
警察では介入しにくい場合があります。

警察は公的機関ですから、
一方だけの話を聞いて一方だけを悪者には出来ません。

“善と悪の区別”(証拠)が必要になります。

とても悔しいことなのですが、ご相談者様がストーカー被害を立証する必要があります。

そうでなければなかなか警察は動いてくれません。

あなたが好意を持っていない人間や、
身に覚えのない人間から執拗につけまわされたり、

迷惑行為をされるという“ストーカー行為”が
数多く発生しています。

最悪、殺人事件に迄発展しているケースが
近年見られます。又、加害者は自分をストーカーとは

思っていない事が多い為、証拠を取って対処しないと
エスカレートしてくる事が多いです。

ストーカー