不思議、……という言葉だけでは説明のつかない少女

彼女は、不思議、……という言葉だけでは説明のつかない少女だった。

胸には片時も離すことなく、日本人形のようなものを抱えている。

知らぬ間に髪の毛が伸びている呪いの人形に違いない、などと囁く者もいる。

そう言われても不思議のない、薄気味悪い人形だった。

でも、そんな彼女との出会いは運命だったのかもしれない……。

いや、これは運命だったのだ。

想定科学アドベンチャーGATE 0

STEINS;GATE 0

7,344円

長い世界線の旅の末、紅莉栖を救うことのできなかった後悔と失意の念に押しつぶされながらも、
岡部は日常生活に戻っていた。

紅莉栖が死んでから4か月後、
岡部は紅莉栖が通っていた「ヴィクトル・コンドリア大学」
を新たな人生の目標として、大学生活を過ごしていた。

ヴィクトル・コンドリア大学がゲストのセミナーへ参加すると、
紅莉栖と同じチームだったレスキネン教授、

そして先輩だった比屋定真帆と出会い、彼らが研究している人間の記憶をコンピュータに保存し、

それを活用するシステム「Amadeus(アマデウス)」の存在を知る。

そして、「Amadeus」の中にインストールされている「紅莉栖」の記憶と出会い、岡部の生活が一変していく…。

下半身痩せや二の腕痩せなどの部分痩せにも対応

痩身専門エステ【バイオエステBTB】

脂肪・セルライトが気になるなら痩身専門バイオエステBTB!
     まずはトライアルコースで効果を実感してください

■ バイオエステマシーンのパワーは「脂肪吸引」級

■ 研究所との共同研究により導き出した痩身理論
■ 自己ケアでは落ちないセルライトをプロが徹底的にケア

■ 下半身痩せや二の腕痩せなどの部分痩せにも対応
■ 細部までのカウンセリングで理想のからだをアシスト



不思議、……という言葉だけでは説明のつかない少女

彼女は、不思議、……という言葉だけでは説明のつかない少女だった。

胸には片時も離すことなく、日本人形のようなものを抱えている。

知らぬ間に髪の毛が伸びている呪いの人形に違いない、などと囁く者もいる。

そう言われても不思議のない、薄気味悪い人形だった。

でも、そんな彼女との出会いは運命だったのかもしれない……。

いや、これは運命だったのだ。

想定科学アドベンチャーGATE 0

STEINS;GATE 0

7,344円

長い世界線の旅の末、紅莉栖を救うことのできなかった後悔と失意の念に押しつぶされながらも、
岡部は日常生活に戻っていた。

紅莉栖が死んでから4か月後、
岡部は紅莉栖が通っていた「ヴィクトル・コンドリア大学」
を新たな人生の目標として、大学生活を過ごしていた。

ヴィクトル・コンドリア大学がゲストのセミナーへ参加すると、
紅莉栖と同じチームだったレスキネン教授、

そして先輩だった比屋定真帆と出会い、彼らが研究している人間の記憶をコンピュータに保存し、

それを活用するシステム「Amadeus(アマデウス)」の存在を知る。

そして、「Amadeus」の中にインストールされている「紅莉栖」の記憶と出会い、岡部の生活が一変していく…。

不思議、……という言葉だけでは説明のつかない少女

彼女は、不思議、……という言葉だけでは説明のつかない少女だった。

胸には片時も離すことなく、日本人形のようなものを抱えている。

知らぬ間に髪の毛が伸びている呪いの人形に違いない、などと囁く者もいる。

そう言われても不思議のない、薄気味悪い人形だった。

でも、そんな彼女との出会いは運命だったのかもしれない……。

いや、これは運命だったのだ。

想定科学アドベンチャーGATE 0

STEINS;GATE 0

7,344円

長い世界線の旅の末、紅莉栖を救うことのできなかった後悔と失意の念に押しつぶされながらも、
岡部は日常生活に戻っていた。

紅莉栖が死んでから4か月後、
岡部は紅莉栖が通っていた「ヴィクトル・コンドリア大学」
を新たな人生の目標として、大学生活を過ごしていた。

ヴィクトル・コンドリア大学がゲストのセミナーへ参加すると、
紅莉栖と同じチームだったレスキネン教授、

そして先輩だった比屋定真帆と出会い、彼らが研究している人間の記憶をコンピュータに保存し、

それを活用するシステム「Amadeus(アマデウス)」の存在を知る。

そして、「Amadeus」の中にインストールされている「紅莉栖」の記憶と出会い、岡部の生活が一変していく…。

血生臭い政争と 生死を賭けた戦争の物語

1983年。
異星起源種BETAの侵略を受けている東ドイツは絶望的な消耗戦を強いられていた。

【東ドイツ最強】と称される、第666戦術機中隊「黒の宣告」に所属するテオドール・エーベルバッハ少尉は、

西ドイツからの亡命者カティア・ヴァルトハイムを迎え入れた事をきっかけに、

中隊長アイリスディーナ・ベルンハルト大尉の秘密を知る。

かつて、反体制派に属していた実兄を密告し、自ら射殺した事で政治的信頼性を得たという彼女だったが、

実際は、兄を犠牲にする事で生き残り、蜂起の機会を密かに伺っていたのだった。

不思議、……という言葉だけでは説明のつかない少女

彼女は、不思議、……という言葉だけでは説明のつかない少女だった。

胸には片時も離すことなく、日本人形のようなものを抱えている。

知らぬ間に髪の毛が伸びている呪いの人形に違いない、などと囁く者もいる。

そう言われても不思議のない、薄気味悪い人形だった。

でも、そんな彼女との出会いは運命だったのかもしれない……。

いや、これは運命だったのだ。