迎賓館 熱海小嵐亭

迎賓館 熱海小嵐亭

和田川のせせらぎが聞こえる熱海の奥座敷『小嵐亭』。 明治には曽我子爵の知己、文人、墨客が多数訪れゆるゆるとした満ち足りの時を過ごしました。 庭園は当時の趣を生かし、茶室のタモの床板にはその昔からつづく時が積み重なっています。 それらがいまと融合しながら、ただひたすら、静謐。(せいひつ)当館の前身は明治29年にはじまります。 皇太子の教育主任、東宮太夫・曽我祐準子爵は、ここ熱海市小嵐町に別荘『小嵐亭』を建立しました。 いまもその由緒ある名残は館内のここかしこにあります。 明治からつづく静謐な佇まいの中でお寛