刺青を極力薄くすることはできても、完全に消すことは困難



Yagレーザー治療

特長
範囲の広い刺青・タトゥー向き
使用色が、黒・赤・青

メリット
正常な皮膚にはダメージを与えることなく、色素だけを破壊できる
切開したような傷跡が残らない

デメリット
治療に時間がかかる
→間隔を空けて複数回治療必要
特殊な色には反応しないことがある
色素が深いとレーザーが届かない場合がある
金属系の色素には反応しない場合がある

傷跡
適切な照射を行えば、傷跡はほとんど残らない

効果
黒、赤、青など複数色の刺青を除去
肌への負担を最小限に刺青を徐々に、薄くすることが可能
刺青を極力薄くすることはできても、完全に消すことは困難
黄や緑など特殊な刺青の色や、皮膚が厚い部分、刺青が皮膚の深部(脂肪層)まで入っている場合はレーザーが届かず、除去が困難な場合もある

二重・目元に関するお悩み、ご希望から治療法を



二重・目元に関するお悩み、ご希望から治療法をご説明致します。ご自身のお悩みに当てはまるものをクリックしてください。

30代後半の方から、相談が多いのが目の下の(皮膚の)タルミです。

目の下の皮膚のタルミは基本的に加齢によって皮膚の緊張が緩み、それがシワとなって表れるのが原因です。

年を召すことにより眼輪筋の緊張が弱まったり、目の下の眼窩脂肪が前方に押し出してタルミを形成する(Buggy eyelids)場合もあります。

これらは目の下のクマ・皮膚のタルミとして認識されており、他人からの客観的な印象で老けている、疲れている、または暗い印象に見えてしまうというのが難点です。

弛んで伸びてしまった皮膚は、革製品と同じで残念ながら弛む前の皮膚に戻すことは出来ません。

FAGA(女性脱毛症)って何?

1人で悩んでいた貴方に朗報です。

薄げ・脱毛症の悩みは解決できます!
そもそもFAGA(女性脱毛症)って何?

女性型脱毛症の場合、髪の毛の量が全体的にボリュームダウンしてしまうのが特徴です。

髪の毛には1本1本寿命があり、伸びる(成長期)・抜ける(退行期)・生える(休止期)を繰り返しており、これをヘアサイクルと言います。

薄毛でお悩みの方は、このヘアサイクルのなかにおける成長期に、髪の毛を作り出す毛包の成長が十分でないために、

髪の毛が育たないうちに抜けてしまい、やがて薄毛・抜け毛が目立つようになります。

女性の場合、ヘアサイクルが乱れる原因は、ホルモンバランスの乱れや血流不全などが多いのですが、ストレスをはじめ、

遺伝的要素、冷え症、シャンプー、睡眠不足、産後の分娩脱毛症などの様々な原因が考えられます。



年をとって以前より目が開き難くなった、目が細くなったという方!

年をとって以前より目が開き難くなった、目が細くなったという方!

それは、
眼瞼下垂が原因かも?
瞼が弛むだけじゃない!こんな症状も…

瞼を上げようとするため、額にしわが寄るようになった
視界が狭くなった為に顎を上げてものを見るようになった
慢性的な額の筋肉の緊張により頭痛や肩こりがひどくなった
物が見え難く眉を吊り上げながらものを見るようになった

こんな症状を繰り返していると、顔はどんどん老けていきます

眼瞼下垂かなと思ったら、今すぐ専門医にご相談ください!
埋没法はメスを使わずに、糸で留めて二重まぶたを形成する簡単な方法です。

さまざまな二重まぶたのラインにする事が可能ですので、一重の方はもちろん、

元々二重まぶたの方や奥二重の方でも幅や形の変更が可能です。

二重の治療をすることで、頭痛や肩こりの症状が軽減する可能性があります。



切らないから手軽で安心/ダウンタイムなし/即日から効果

ショッピングリフトの施術なら東京美容外科。手軽に効果を実感!

プリンセスショッピングリフト・ゴールデンショッピングリフトなら短時間で長期的な効果を実感いただけます。

切らないから手軽で安心/ダウンタイムなし/即日から効果を実感/効果が持続/身体に安心

【期待できる効果】
フェイスラインの引き締め/しわ・小じわの改善/顔のたるみを改善/肌の若返り(ハリ・弾力・美肌・毛穴)



刺青を極力薄くすることはできても、完全に消すことは困難



Yagレーザー治療

特長
範囲の広い刺青・タトゥー向き
使用色が、黒・赤・青

メリット
正常な皮膚にはダメージを与えることなく、色素だけを破壊できる
切開したような傷跡が残らない

デメリット
治療に時間がかかる
→間隔を空けて複数回治療必要
特殊な色には反応しないことがある
色素が深いとレーザーが届かない場合がある
金属系の色素には反応しない場合がある

傷跡
適切な照射を行えば、傷跡はほとんど残らない

効果
黒、赤、青など複数色の刺青を除去
肌への負担を最小限に刺青を徐々に、薄くすることが可能
刺青を極力薄くすることはできても、完全に消すことは困難
黄や緑など特殊な刺青の色や、皮膚が厚い部分、刺青が皮膚の深部(脂肪層)まで入っている場合はレーザーが届かず、除去が困難な場合もある

二重・目元に関するお悩み、ご希望から治療法を



二重・目元に関するお悩み、ご希望から治療法をご説明致します。ご自身のお悩みに当てはまるものをクリックしてください。

30代後半の方から、相談が多いのが目の下の(皮膚の)タルミです。

目の下の皮膚のタルミは基本的に加齢によって皮膚の緊張が緩み、それがシワとなって表れるのが原因です。

年を召すことにより眼輪筋の緊張が弱まったり、目の下の眼窩脂肪が前方に押し出してタルミを形成する(Buggy eyelids)場合もあります。

これらは目の下のクマ・皮膚のタルミとして認識されており、他人からの客観的な印象で老けている、疲れている、または暗い印象に見えてしまうというのが難点です。

弛んで伸びてしまった皮膚は、革製品と同じで残念ながら弛む前の皮膚に戻すことは出来ません。