わかめペプチドには高めの血圧を下げる機能があることが報告されています

「わかめペプチド粒タイプ」は、2015年4月にはじまった新しい制度のもと、機能性表示食品に。

「血圧が高めの方に」や「わかめペプチドには高めの血圧を下げる機能があることが報告されています」といった、より分かりやすい表示が可能となりました。



機能性関与成分である「わかめペプチド」には、アンジオテンシン変換酵素(ACE)の働きを阻害する作用があります。

このACEの働きを止めると、血圧を上げる物質(アンジオテンシン||)の生産が低下し、さらに血圧を下げる物質(ブラジキニン)の分解が減るというダブルの作用で血圧を安定させます。

「わかめペプチド」はわかめに含まれるタンパク質を酵素で分解してできたペプチドの集まりです。

その中でも代表的なものはアミノ酸が2つ結合したペプチドで、フェニルアラニルチロシン、バリルチロシン、イソロイシルチロシンの3種類です。

気になる高めの血圧に、理研ビタミン わかめペプチド粒タイプ

世界初の濃縮技術で消臭成分をギュッと濃縮!



森の中で動物が死んでも臭わないのは、フィトンチッドの働きなのです。

臭ピタッ!は、この森のリフレッシュ作用に着目し、さまざまなニオイに対応できるよう、しその葉、柿の葉、山椒、熊笹、レモン、ヨモギ葉など、

注意深く選定された様々な植物からなる抽出液を独自のノウハウでブレンド、濃縮しています。

有用成分が高濃度に凝縮された臭ピタッ!が体内で溶け出し、胃から大腸まで成分がすみやかに広がり、悪臭の原因となるニオイのもとに直接アプローチします。

悪臭を臭ピタッ!でリフレッシュ