野菜ジュースなどでは摂りにくい活きた「酵素」が生成されました

味や香り、保存性を高めるとともに、栄養的にも優れた力を発揮する発酵のパワー。

たとえば、ぬか漬けではビタミンB群をたっぷり含むようになるなど、素材の有用成分を豊富に引き出します。

そこで、野菜を『発酵熟成』させると、最近注目の健康成分「グルコン酸」が、パワーアップしました。野菜と酵素大麦、あわ、きび、ひえ、タカキビといった多穀麹には、たんぱく質やミネラルがたっぷり。

最近では口にする機会は少なくなったものの、近年、その栄養価が見直されています。

これらの穀物を発酵させた多穀麹では、加熱処理された野菜ジュースなどでは摂りにくい活きた「酵素」が生成されました。