ビジネス会話の科目では、ビジネスの場面で知っているべき必修単語

英語力は就職や転職の際に有利になりますし、職種や業種の選択の幅も広がります。

ビジネス会話の科目では、ビジネスの場面で知っているべき必修単語を、各場面やシチュエーションごとに学んでいきます。またビジネスシーンで起こるであろう会話例などの読み合せなどを通して、文章表現の定着を図っていきます。

また、ビジネスの世界で使われる頻度の高い単語には、組み合わせて一緒に使われる可能性が高い他の単語が有る程度決まっています。例えば、「client(顧客)」という単語は、「potential client(見込客)」、「existing client(既存の顧客)」、「former client(過去の顧客)」、「new client(新規顧客)」などの単語と一緒に使用されます。

ビジネス会話の科目では、これらの単語の組み合わせを合わせて学び、ビジネスシーンで有効な語彙力・表現力を高めていきます。

ビジネス会話では、迅速かつ正確な情報伝達が求められる為、ある程度のスピードで、思った事・考えた事を直ぐに英語で言える必要があります。その為には、頭の中で日本語から英語に訳す癖を無くす特訓が必要です。