「たるみ」、症状や原因はさまざま。当然、最適な治療も異なります。



たるみのせいで、
「老けて見える」「鏡を見るたびに憂鬱な気分になる」
そう感じることはありませんか?

ひとくちに「たるみ」と言っても、症状や原因はさまざま。
当然、最適な治療も異なります。

たるみにもシワにも効く、コラーゲンVリフト

肌のたるみや、シワの原因は、加齢や紫外線の影響によりコラーゲンやエラスチンの働きが悪くなり、その数量自体も減少してしまうことにあります。

そのため、コラーゲンやエラスチンを生み出す線維芽細胞の働きを活性化させることがたるみ解消に繋がります。

コラーゲンVリフトは、針で自然に溶ける特殊な糸を皮下に挿入し、皮膚内に残しておく施術法です。

皮膚内に残ったV字状の糸がたるみを引き上げるだけでなく、糸が体内に溶けてしまうまでの期間、線維芽細胞を刺激し続け、コラーゲンやエラスチンといった有効成分の生成を促してくれます。

有効成分の増殖により内側から自然に肌がふっくらと持ち上がることで、たるみにもシワにも効果があります。

硬めの便の状態をなめらかにする機能と、起床時の眠気や疲労感を軽減。



●機能性表示食品「ラクトフェリンS」
●機能性関与成分:ラクトフェリン
●届出表示:本品にはラクトフェリンが含まれており、お通じがとどこおりがちで、かつ睡眠の質が気になる方に対し、硬めの便の状態をなめらかにする機能と、起床時の眠気や疲労感を軽減する機能があります。

●届出番号:D99
●食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
●特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。

●本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。

単身者向けの投資マンションでは駅や都心へのアクセスが重要



現在の市場では、新築マンションの価格が上昇しており収益性は見込めない時代です。

建築資材の高騰、人件費の高騰などで都心では25㎡のワンルームマンションが4,000万円超えの物件もめずらしくありません。

これでは家賃収入から月々のキャッシュフローは確保できません。

新築物件の場合、おおむね10年ほどかけて家賃が下落する傾向にあります。

毎月、徴収される管理費や積立金の値上がりもあり、収支バランスは悪化していきます。

中古物件であれば、すでに家賃が落ち着いているため、急激に家賃が下落することはありません。

新築マンションは立地の選択肢はありません。
マンション販売業者も売り切るために為、立地の悪い低利回りのマンションを必死にセールスします。

単身者向けの投資マンションでは駅や都心へのアクセスが重要で、中古の場合は既存の複数の物件から選定して購入できるのがメリットです。

購入事例

30代 会社員
購入価格 1,720万円

半蔵門線「水天宮前」駅 徒歩3分
平成15年築
総戸数64戸、2階/4階建
間取り1K、面積20.23㎡

頭金:200万円 ローン年数:30年
ローン金利:2.675%
返済/月:61,450円
家賃:87,000円
管理費積立金:9,000円
手取り家賃:78,000円