日刊建設工業新聞

日刊建設工業新聞
政府/13年度補正予算案を決定/公共事業費、国交省分は7481億円 [2013年12月13日1面]
 政府は12日の臨時閣議で、総額5兆4654億円の13年度補正予算案を決定した。14年4月の消費増税に備え景気の腰折れを防ぐ経済対策が柱となる。国土交通省分は、公共事業費が7481億円(事業費ベース1兆7303億円)、行政経費など含めた総額は1兆0151億円(2兆0500億円)となる。2020年東京五輪に向けた首都圏での交通網整備や、インフラの再構築などを推進するため、主に14年度予算の概算要求に盛り込んだ関連施策を前倒しする。

コメントを残す