猫のエイジングの兆候と 必要なケアは年齢ごとに変わります。

猫のエイジングの兆候と 必要なケアは年齢ごとに変わります。

7歳

エイジングの兆候が出始める時期

活動量や代謝が低下、太り気味になることも
成猫期より健康に対する心配事が増える
目には見えない加齢がスタートする時期なので食事を見直す機会

11歳

エイジングの兆候が徐々に顕著になってくる時期

たんぱく質・脂肪の消化能力や、食欲が落ちることもあり、痩せ始めに注意
腎臓病など、健康に対する心配事が増える
関節炎などでグルーミングしづらくなり、毛並みが悪くなることも

15歳

エイジングの兆候が顕著になってくる時期

消化能力や食欲の低下がより顕著になり、痩せすぎに注意
腎臓病など、健康に対する心配事が増える
関節炎などでグルーミングしづらくなり、毛並みが悪くなることも
よく鳴くようになったり、トイレの失敗がみられたりと、認知機能の低下がみられることも

コメントを残す