「プロテオグリカン」は年齢とともに減少し、体内でも作られにくくなってしまう



「いつまでも元気に過ごしたい。だけど力ラダがついていけない。」 そんなお悩みの原因のひとつには、ふしぶしの健康が関係しているかもしれません。

ダイドードリンコでは、お客様の切実な思いにお応えすべく製品開発を行ってきました。

数ある軟骨成分を探してきた中で、鮭の鼻軟骨から抽出された「プロテオグリカン」にいち早く着目。 『ロコモプロ プロテオグリカン配合』が誕生しました。

「プロテオグリカン」は、軟骨そのものを構成している主成分で、期待の新素材として研究が進められています。

軟骨の材料となる「グルコサミン」 や「コンドロイチン」とは違って、 からだの隅々まで素早く届けることができるのが特徴です。

ところが、「プロテオグリカン」は年齢とともに減少しがちで、体内でも作られにくくなってしまうため、 食生活などから補っていくことが大切です。

ダイドードリンコロコモプロ

コメントを残す