身幅広めのビッグシルエットがトレンドのケーブルニットプルオーバー

ビッグシルエットケーブルニットプルオーバー

身幅広めのビッグシルエットがトレンドのケーブルニットプルオーバー。

ざっくりとしたケーブル編みが縦ラインを強調し、全体のゆったり感をグッと引き締め、キュートにもクールにも見えます。

肩を落としたドロップショルダーも気になる二の腕をすっぽりカバー。
どんな着こなしにも合うシンプルなデザインなので、毎日のスタイリングに大活躍間違いなし!

■素材:
ウール10% ポリウレタン2% ポリエステル28% ナイロン5% アクリル55%

■色:ベージュ,モカ,ファスナー:なし
■裏地:あり
■透け感:なし
■生地の厚さ:厚手
■生地伸縮性:あり
原産国:中国

バスト下のクロスアレンジでコルテを女性らしく魅せてくれ、小顔効果も叶えて

ウール混カシュクールリブニットトップス

スタイリングを華やかに印象付けるウール混リブニット。

変形カシュクールが特徴的なディテールは、他にはない個性が光る1枚。
バスト下のクロスアレンジでコルテを女性らしく魅せてくれ、小顔効果も叶えてくれます。

リブの切り替えと裾のVカットによって表情豊かな奥行きが実現。
程よくボディに沿う細身シルエットながら、優れた伸縮性がストレスフリーな着心地を提供してくれます。

フェミニンスタイルにもクールコーデにも好バランスなスタイリングが楽しめる着回し力抜群な1着♪

生地
ウール5% ナイロン20% アクリル20% ポリエステル55%

初めてのヴァイオリンレッスン 楽譜が読めないと弾けない 指が動かない



難しい楽器、子供の頃から英才教育でやっている楽器、
といえばヴァイオリンやピアノを挙げる方も多いのではないでしょうか。

その中でもヴァイオリンは難しい楽器と思われている方が
多いです。

その理由は3つ。

1.ドレミの場所が見てすぐわからない
2.楽譜が読めないと弾けない
3.指が動かない

特に1番の「ドレミの場所が見てすぐわからない」という理由が大きいようです。

実際にヴァイオリンを始めても、ここで挫折する方が多いです。
なぜなら、ヴァイオリンという楽器は何も目印がないのですね。

どこを押さえたら良いの?と思いますよね。

例えばピアノなら、 こんなふうに鍵盤が分かれているので
ドレミの場所さえ分かれば、そこを押さえるだけです。

でもヴァイオリンって何も目印がないのですね。
だから難しいと思われる方が多いようです。

ですがご安心ください。
今回ご紹介するヴァイオリンレッスンは、
この問題を一瞬で解決する独自のレッスンになっています。
どんなに初めての方でも、正しい音をすぐに弾くことができるようになっています。

一体どうやって?
答えはこの次にあります。