二重・目元に関するお悩み、ご希望から治療法を



二重・目元に関するお悩み、ご希望から治療法をご説明致します。ご自身のお悩みに当てはまるものをクリックしてください。

30代後半の方から、相談が多いのが目の下の(皮膚の)タルミです。

目の下の皮膚のタルミは基本的に加齢によって皮膚の緊張が緩み、それがシワとなって表れるのが原因です。

年を召すことにより眼輪筋の緊張が弱まったり、目の下の眼窩脂肪が前方に押し出してタルミを形成する(Buggy eyelids)場合もあります。

これらは目の下のクマ・皮膚のタルミとして認識されており、他人からの客観的な印象で老けている、疲れている、または暗い印象に見えてしまうというのが難点です。

弛んで伸びてしまった皮膚は、革製品と同じで残念ながら弛む前の皮膚に戻すことは出来ません。