マニラ (ニノイ・アキノ国際空港) 行きの格安航空券往復¥14,889から

日本からマニラ行きのフライト

日本からマニラへの飛行時間は直行便で5時間(復路は4時間程度)ほど。マニラへの直行便はフィリピン航空、ANA (全日空)、JAL (日本航空)などが就航。

セブパシフィック航空やジェットスターなどLCCも直行便が就航し、手頃な価格でのフライトを提供しています。

年間で最も運賃が安くなるのは2月と6月。
通常期と比べて13%価格が下がります。

1月、7月、9月、10月、11月も通常期より3~11%下がり、比較的格安で航空券を購入できる時期です。

一年を通して最も運賃が高くなるのは、年末シーズンの12月で年間平均の15%高くなっています。



サラリーマン、公務員の資産形成 アパート経営は他投資とくらべてリスクが少ない

頭金0円!土地なしでもできるシノケンの不動産投資

アパート経営は他投資とくらべてリスクが少なく(コントロールできる)、 長い期間にわたってリターンが見込める投資手法である。

(投資初心者でも、また本業が忙しい方でも可能)
ローン完済後は無担保の土地と建物が残る現物投資であることも他投資に比べ大きなメリットとなる。

融資でレバレッジを効かせ、少ない自己資金で大きな資産を得ることが可能 (ローン完済後の)家賃収入を老後の年金対策としても活用可能。

アパート経営の融資には「団体信用生命保険」が組み込まれている。
オーナー本人にもしものことがあった場合、 この保険からローンの残額が完済される。

残された家族は家賃収入や土地建物の売却代金を受け取り その後の生活資金とすることが可能。



中国行きの格安航空券・LCC・飛行機の比較 往復 ¥15,374から

日本から中国行きのフライト

中国は広大な国土を有し、史跡や名所、世界遺産など多くの観光地があります。近年は経済発展もめざましく、北京や上海、広州 (広東省) といった大都市は近未来を思わせるような高層ビルが立ち並んでいます。

旅行だけでなく出張で中国各地へ渡航する人も増え、航空需要の拡大で国内線・国際線ともに旅客数も増加の一途をたどっています。

北京首都国際空港、上海浦東(プードン)国際空港・広州白雲(はくうん)国際空港が主要な三大空港として利用され、日本からも直行便が就航しています。

北京首都国際空港(PEK)は中国でも最も規模が大きく、旅客数も世界で2番目に多い巨大空港。

上海浦東国際空港(PVG)も北京に次ぐ大規模空港で、アジア・中東・ヨーロッパ・オセアニア・北米・中米など世界中の航空会社が乗り入れており、国際線の発着がメインです。

上海には国内線専用の上海虹橋(ホンチャオ)国際空港(SHA)もあり、他の都市を経由して上海にアクセスする際に利用します。広州は華南一の大都市で深セン・珠海とも近く経済が発展しています。

その玄関となる広州白雲国際空港(ZUH)では、旅客数増加に対応するため2018年に第2ターミナルビルが運用開始されます。