あなたの遺伝子が導く、あなたのための育毛剤

国内で薄毛に悩んでいる男性は約1,200万人つまり5人に1人の男性が悩んでいるといえます。

遺伝子に着目し、本来の頭皮に合った育毛をしなければ、
高級メンテナンスでも効果がありません。

それどころか合わないものは、
状態を悪化させたり、ストレスの原因にもなりえます。

科学や技術は進化しているのに…なのに、なぜ、こんなにも薄毛に悩む人は減らないのか

それは本当に自分にあった効果のあらわれるものを使っていないからなのです。

薄毛・抜け毛の原因は人によって異なります。
薄毛だけでなく、髪のツヤ、キューティクル、クセ毛など、髪の毛には遺伝的傾向がある。

異なる体質、異なる遺伝的特徴があるにも関わらず、同一の育毛剤で万人に効果をもたらすことは難しい。

育毛剤は、頭皮に良いもの、毛髪の成長に良いもの、男性ホルモン由来の薄毛に効果があるもの、など

それぞれに特徴を持っており、それぞれが厚生労働省に有効性の認められた医薬部外品になります。