薄毛の原因AGAは進行性で、一度発症したら、治りません!

薄毛の原因AGAは進行性で、一度発症したら、治ることはありません!

男性の薄毛の原因はほぼAGAであると言っても過言ではありません。

AGAは進行性の症状で、生え際・頭頂部の頭皮にある5α還元酵素が生み出す「DHT」というホルモンが髪の成長を抑制してしまうことで進行します。

AGAになるか遺伝によるところが大きいですが、遺伝だけでなく、生活習慣の乱れなどでスイッチが入り、AGAを発症してしまうこともあります。

AGAの影響を受けない後頭部の髪を移植する

後頭部・側頭部の髪はAGAの原因となる酵素の影響をうけにくいので、一生涯生え続けます。

この元気な髪を気になる薄毛部分に移植する事で、薄毛を解消するのが自毛植毛です。

移植された毛髪は生涯ずっと生え続る

移植された髪はAGAの影響を受けないので、万が一生え際・頭頂部のすべての髪が抜けたとても、移植した髪は抜けることなく、正常な毛髪サイクルのままで一生涯生え変わります。



女性特有の薄毛治療の効果をより一層高めるFAGAメソセラピー

女性の脱毛症パターンは男性ほどはっきりしていませんが、一般的に女性が男性型脱毛症になると、男性とは異なり、頭皮全体が幅広く薄くなっていきます。

その結果、髪のボリュームが少なくなります。

薄毛の治療は適切に早く始めるほど効果的です。
女性の薄毛は、女性の髪専門クリニックにご相談ください。

当院の治療はオーダーメイドです。
オリジナルの治療薬に加えて、薄毛の原因に合わせて安心・納得いただける最適な治療プランをご提案しています。

FAGAメソセラピー

女性特有の薄毛治療の効果をより一層高める事を可能にした最先端の治療です。

発毛成長因子を補完する治療は、現在最も有効な薄毛治療として全世界で注目を集めています。



あなたのポッコリをキレイにする!みどりむしサプリメント

タルトチェリーって何? サクランボとの違いとは
日本のサクランボや、アメリカンチェリーと言えば、デザートとしてよく食べられますが、「タルトチェリー」という言葉は、あまり聞き慣れない方が多いと思います。

いわゆるチェリーは、大きく次の2つに分けられます。

1.生食されるもの = スイートチェリー
・日本の主要品種である、佐藤錦や高砂、ナポレオンなどです。
糖度が高く、甘さが強いのが特長です。

・アメリカンチェリーはアメリカから輸入されるサクランボの総称です。ビング、レーニアといった品種があります。

2.生食されないもの = タルトチェリー
・タルトチェリーは「サワーチェリー」とも呼ばれ、強い酸味があります。
主に濃縮ジュースや、チェリーパイ、ケーキなどに加工して利用されます。

主に北米で栽培されており、日本では殆ど栽培されていません。

この「タルトチェリー」に含まれる栄養素や特殊な成分による「健康・美容効果」が注目され、単なるサクランボを超えた健康フルーツ(スーパーフード)として人気が高まっています。