防弾チョッキや、軍事用ボディアーマー向けに開発された、防弾用織布

【日経トレンディ掲載】 seowL[セオエル] 防弾チョッキのナイロン製 ビジネスリュック

【日経トレンディ掲載】 seowL[セオエル] 防弾チョッキのナイロン製 ビジネスリュック

¥36,190 税込

クラウドファンディングMakuakeで500%、250万円の支援を集めた高機能リュックseow(セオ)の大きいバージョンseowL(セオエル)です!

素材にはコーデュラのバリスティックナイロンを使用しています。
この素材はコーデュラのバリステックナイロンという、防弾チョッキや、軍事用ボディアーマー向けに開発された、防弾用織布です。

一般的なコーデュラのナイロンと今回、使用しているコーデュラバリステック・ナイロンは違う素材です。取り付けられるタグや品質証明も違うものになります。

【レザー部分には瀬戸内レザーを使用】瀬戸内地域の原皮を使用した本革です。

革本来の肌目を活かし、顔料などを一切使わずオイルとワックスのみのオイリーな仕上げを行ったことにより高級感が実現。経年変化も楽しんでいただけます。

1,000時間とか2,000時間必要。その時間を費やしても話せる人と話せない人がいます。

英語脳に合わせたレッスン時間をカスタマイズ
英語を話せるようになるにはレベルにもよりますが、1,000時間とか2,000時間、必要と言われています。

しかし、その時間を費やしても話せる人と話せない人がいます。 この違いの一つとして『英語脳』と『レッスン時間』が関係していると思っております。

英語脳とは、英語を英語でそのまま理解できることで、英→英の状態です。また英語脳にスイッチされるまでは、英語を日本語に変換し、また英語に直して言い換えるので英→日→英といった感じです。

英語が話せるようになる「アクエス」

この英語脳にレッスン中切り替わると、英語を日本語に訳さず英語で理解できるため、返答スピードが速まり、レッスンの進捗も格段に上がります。ここでもったいないのが、せっかく英語脳に切り替わっているのにレッスンが終わってしまうことです。

人にもよりますが、レッスン開始から3、40分経ってから英語脳に切り替わる方が多く、そもそも30分しかないレッスンだと英語脳になる前にレッスンが終わってしまうということになります。50分の授業でも10分、20分しかありません。

AQUESでは早期の英語習得のためには30分以上英語脳にスイッチした状態でレッスンをしているのが望ましいと考えているため、50分のレッスン時間を基準としつつも、25分単位でレッスン時間を毎月変えられるようにしております。

これにより50分+25分の75分や、50分+25分+25分の100分のレッスンが実現し、短期間での英語習得の確実性をさらに上げることができております。

英語学習の自習0時間でOK!レッスン内で復習する方法を採用しております。

日本人コンシェルジュがやる気をサポート!続けられる仕組みがある
AQUESは自習0時間でOK!レッスン内で復習する方法を採用しております。
「アクエス」英会話スクールはなぜ効果的なのか?

話すことを目的にした英語学習の失敗例はいくつかありますが、共通点が多いのが自習です。

単語を覚える、文法を覚える、リスニング練習している。
どれも良いことなのですが長期間はなかなか続けられる方は少ないです。そこでAQUESでは自習の時間をレッスンに変えましょうと推奨しております。
気になる費用は、週3回×50分のレッスンを週5回×50分に変えても月5,000円しか変わりません。

「アクエス」英会話スクールはなぜ効果的なのか?

また日本人コンシュルジュと外国人講師がレッスンを行います。
外国人講師とのレッスンは英語のみでのレッスンとなります。

もちろんオンラインレッスンなのでお好きな場所で受講できます。

日本人コンシェルジュとのレッスンでは通常のレッスンの他に外国人講師には聞きにくい質問や英語学習の進捗具合などを確認しながらあなたを完全サポートしていきます。