オンライン英会話教材

英語スピーキングの習得度をリアルタイムで確認できるシステム(特許申請中)
YouCanSpeak(ユーキャンスピーク・YCS)は「英語スピーキング自動習得プログラム」です。
英語が自由に話せるようになるには、瞬時に『英語を話す(スピーキング)』ことができるようになるための学習が必要不可欠です。
しかし、日本の英語教育環境においては、どうしても文法用語を用いての分析的理解に目が向けられてしまい、英語習得の本来の姿である「意味と音声の合体作業」からかけ離れているので、瞬時に英語を話す能力がなかなか身に付きません。
YCSは、インターネットがつながっていれば、『英語を話す(スピーキング)』学習がいつでもどこでも可能で、中学2年程度の英語力があれば、誰でも英語が自由に話せるようにプログラムされています。
『英語が自由に話せる』とは、思ったことが何でも瞬間的に英語音声に変換出来ることを意味し、また刻々と変化して行く会話の内容に合わせて何でも自由に表現できることを意味します。
多くの英語教材、あるいは会話レッスンがある特定の場面でしか通用しない【目的型の】スピーキング学習であるのに対し、YCSは独自の理論に基づいた【全発想領域カバー型の】スピーキング学習であるので、臨機応変に会話を進めて行くことが出来るようになります。

子どもの未来は「国語力」で決まる

子どもの未来は「国語力」で決まる!
文部科学省は、2011年度からの新学習指導要領で、授業時間数を大幅に増やすとともに、応用力、考える力を向上させるための方針として、すべての教育活動を通じた「言語力の育成」を掲げました。

  世界を視野に、日本の教育界が舵を切ったのです。

 どりむ社が、「作文技術指導研究会」として作文指導をはじめて19年。

 その指導実績を集大成したのが、この通信教育講座『ブンブンどりむ』です。

 齋藤孝先生を監修に迎え、教材には、「書く力」を軸に、「思考力」、「読解力」、「想像力」が身につく仕掛けを凝らしました。

 『ブンブンどりむ』は、今、社会で、入試で、最も必要とされているお子さまの「国語力」を、効果的に育む教材なのです。

介護・福祉・医療の資格

介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

ずっと活かせる資格!リフレクソロジストを目指す
足裏には身体全体の臓器や器官の「反射ゾーン(反射区)」が集まっており、リフレクソロジーとは、この反射区を指でくまなく刺激することにより血液やリンパの流れをスムーズにし、老廃物の排泄を促し、さらに本来人間が持っている自然治癒力も高めていくという考えを基に考えられた足裏健康法です。

オンライン英会話教材

英語スピーキングの習得度をリアルタイムで確認できるシステム(特許申請中)
YouCanSpeak(ユーキャンスピーク・YCS)は「英語スピーキング自動習得プログラム」です。
英語が自由に話せるようになるには、瞬時に『英語を話す(スピーキング)』ことができるようになるための学習が必要不可欠です。
しかし、日本の英語教育環境においては、どうしても文法用語を用いての分析的理解に目が向けられてしまい、英語習得の本来の姿である「意味と音声の合体作業」からかけ離れているので、瞬時に英語を話す能力がなかなか身に付きません。
YCSは、インターネットがつながっていれば、『英語を話す(スピーキング)』学習がいつでもどこでも可能で、中学2年程度の英語力があれば、誰でも英語が自由に話せるようにプログラムされています。
『英語が自由に話せる』とは、思ったことが何でも瞬間的に英語音声に変換出来ることを意味し、また刻々と変化して行く会話の内容に合わせて何でも自由に表現できることを意味します。
多くの英語教材、あるいは会話レッスンがある特定の場面でしか通用しない【目的型の】スピーキング学習であるのに対し、YCSは独自の理論に基づいた【全発想領域カバー型の】スピーキング学習であるので、臨機応変に会話を進めて行くことが出来るようになります。

子どもの未来は「国語力」で決まる

子どもの未来は「国語力」で決まる!
文部科学省は、2011年度からの新学習指導要領で、授業時間数を大幅に増やすとともに、応用力、考える力を向上させるための方針として、すべての教育活動を通じた「言語力の育成」を掲げました。

  世界を視野に、日本の教育界が舵を切ったのです。

 どりむ社が、「作文技術指導研究会」として作文指導をはじめて19年。

 その指導実績を集大成したのが、この通信教育講座『ブンブンどりむ』です。

 齋藤孝先生を監修に迎え、教材には、「書く力」を軸に、「思考力」、「読解力」、「想像力」が身につく仕掛けを凝らしました。

 『ブンブンどりむ』は、今、社会で、入試で、最も必要とされているお子さまの「国語力」を、効果的に育む教材なのです。

介護・福祉・医療の資格

介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

ずっと活かせる資格!リフレクソロジストを目指す
足裏には身体全体の臓器や器官の「反射ゾーン(反射区)」が集まっており、リフレクソロジーとは、この反射区を指でくまなく刺激することにより血液やリンパの流れをスムーズにし、老廃物の排泄を促し、さらに本来人間が持っている自然治癒力も高めていくという考えを基に考えられた足裏健康法です。

オンライン英会話教材

英語スピーキングの習得度をリアルタイムで確認できるシステム(特許申請中)
YouCanSpeak(ユーキャンスピーク・YCS)は「英語スピーキング自動習得プログラム」です。
英語が自由に話せるようになるには、瞬時に『英語を話す(スピーキング)』ことができるようになるための学習が必要不可欠です。
しかし、日本の英語教育環境においては、どうしても文法用語を用いての分析的理解に目が向けられてしまい、英語習得の本来の姿である「意味と音声の合体作業」からかけ離れているので、瞬時に英語を話す能力がなかなか身に付きません。
YCSは、インターネットがつながっていれば、『英語を話す(スピーキング)』学習がいつでもどこでも可能で、中学2年程度の英語力があれば、誰でも英語が自由に話せるようにプログラムされています。
『英語が自由に話せる』とは、思ったことが何でも瞬間的に英語音声に変換出来ることを意味し、また刻々と変化して行く会話の内容に合わせて何でも自由に表現できることを意味します。
多くの英語教材、あるいは会話レッスンがある特定の場面でしか通用しない【目的型の】スピーキング学習であるのに対し、YCSは独自の理論に基づいた【全発想領域カバー型の】スピーキング学習であるので、臨機応変に会話を進めて行くことが出来るようになります。

子どもの未来は「国語力」で決まる

子どもの未来は「国語力」で決まる!
文部科学省は、2011年度からの新学習指導要領で、授業時間数を大幅に増やすとともに、応用力、考える力を向上させるための方針として、すべての教育活動を通じた「言語力の育成」を掲げました。

  世界を視野に、日本の教育界が舵を切ったのです。

 どりむ社が、「作文技術指導研究会」として作文指導をはじめて19年。

 その指導実績を集大成したのが、この通信教育講座『ブンブンどりむ』です。

 齋藤孝先生を監修に迎え、教材には、「書く力」を軸に、「思考力」、「読解力」、「想像力」が身につく仕掛けを凝らしました。

 『ブンブンどりむ』は、今、社会で、入試で、最も必要とされているお子さまの「国語力」を、効果的に育む教材なのです。

介護・福祉・医療の資格

介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

ずっと活かせる資格!リフレクソロジストを目指す
足裏には身体全体の臓器や器官の「反射ゾーン(反射区)」が集まっており、リフレクソロジーとは、この反射区を指でくまなく刺激することにより血液やリンパの流れをスムーズにし、老廃物の排泄を促し、さらに本来人間が持っている自然治癒力も高めていくという考えを基に考えられた足裏健康法です。

オンライン英会話教材

英語スピーキングの習得度をリアルタイムで確認できるシステム(特許申請中)
YouCanSpeak(ユーキャンスピーク・YCS)は「英語スピーキング自動習得プログラム」です。
英語が自由に話せるようになるには、瞬時に『英語を話す(スピーキング)』ことができるようになるための学習が必要不可欠です。
しかし、日本の英語教育環境においては、どうしても文法用語を用いての分析的理解に目が向けられてしまい、英語習得の本来の姿である「意味と音声の合体作業」からかけ離れているので、瞬時に英語を話す能力がなかなか身に付きません。
YCSは、インターネットがつながっていれば、『英語を話す(スピーキング)』学習がいつでもどこでも可能で、中学2年程度の英語力があれば、誰でも英語が自由に話せるようにプログラムされています。
『英語が自由に話せる』とは、思ったことが何でも瞬間的に英語音声に変換出来ることを意味し、また刻々と変化して行く会話の内容に合わせて何でも自由に表現できることを意味します。
多くの英語教材、あるいは会話レッスンがある特定の場面でしか通用しない【目的型の】スピーキング学習であるのに対し、YCSは独自の理論に基づいた【全発想領域カバー型の】スピーキング学習であるので、臨機応変に会話を進めて行くことが出来るようになります。