子どもの未来は「国語力」で決まる

子どもの未来は「国語力」で決まる!
文部科学省は、2011年度からの新学習指導要領で、授業時間数を大幅に増やすとともに、応用力、考える力を向上させるための方針として、すべての教育活動を通じた「言語力の育成」を掲げました。

  世界を視野に、日本の教育界が舵を切ったのです。

 どりむ社が、「作文技術指導研究会」として作文指導をはじめて19年。

 その指導実績を集大成したのが、この通信教育講座『ブンブンどりむ』です。

 齋藤孝先生を監修に迎え、教材には、「書く力」を軸に、「思考力」、「読解力」、「想像力」が身につく仕掛けを凝らしました。

 『ブンブンどりむ』は、今、社会で、入試で、最も必要とされているお子さまの「国語力」を、効果的に育む教材なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です