オレイン酸がオリーブオイルに期待できる美容効果の鍵を握っています。

オリーブオイルの女性に嬉しい美容効果3つをご紹介

オリーブオイルには「オレイン酸」が多く含まれていることが知られていますが、このオレイン酸がオリーブオイルに期待できる美容効果の鍵を握っています。
オレイン酸とは、オメガ9系脂肪酸のひとつです。
オメガというフレーズは美容や健康に敏感な人の中にはすでに知っている人も多いかと思いますが、いくつかのオメガ系脂肪酸のうち、オレイン酸は血中の善玉(HDL)コレステロールの濃度は下げずに、悪玉(LDL)コレステロールの濃度のみを下げる作用が知られています。
悪玉コレステロールとは、コレステロールを全身に運び蓄積する働きを持つタンパク質のことで、反対に善玉コレステロールは、全身の余分なコレステロールを肝臓に運ぶ働きがあります。
つまり、オリーブオイルに含まれるオレイン酸の働きによって、体内のコレステロールの濃度を下げることができるのです。
また、悪玉コレステロールが増加すると動脈硬化の原因にもなるため、オレイン酸には、心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病の予防にも効果を発揮します。

女性の天敵であるシミやシワ、たるみなどのエイジングの加速につながってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です