究極の融合を遂げた自毛植毛術 ハイブリッドi-SAFE

ASCの技術を融合させた”ハイブリッドi-SAFE”
究極の融合を遂げた自毛植毛術 ハイブリッドi-SAFE

ただ、本当に刈り上げないアンシェーブンでは2,000グラフト以上の採取・移植は無理かというとそうではありません。

当院のハイブリッド自毛植毛《i-SAFE》は、スタンダードi-SAFEの刈り上げる方法とこの刈り上げないアンシェーブンによる採取方法を組み合わせることで、

後頭部を広範囲に刈り上げなくとも自分の髪でカバーリング出来る範囲だけを刈り上げて採取、それらを超える範囲を刈り上げずに採取していく方法を組み合わせ、

合理的かつ効率よく採取することで広範囲を刈り上げずに合理的かつ効率よく4,000グラフト以上の採取・移植するメガセッションも実現することができます。

一度の手術で4,000グラフト以上のメガセッションを実現させることができるのも『ハイブリッド自毛植毛《i-SAFE》』の他にない大きな特徴でもあるのです。

ASCの技術を融合させた”ハイブリッドi-SAFE”

女性のための薄毛治療 手術と薬の併用が基本

女性のための薄毛治療
手術と薬の併用が基本

男性の薄毛の原因のトップはAGA男性型脱毛症であり、
メカニズムもかなり解明されているため、
有効といえる薬もあります。

また植毛においても材料の採取として用いる後頭部の毛は
AGAを起こさない性質があり、
材料としては優れています。

これに対して女性の薄毛のトップは
びまん性脱毛症と呼ばれることもある
CTE慢性休止期脱毛症であり、 メカニズムも不明な部分が
多いため、決定的な治療法がありませんが、
やはり手術と薬の併用が基本となります。

男性と同じ手術法を行うことが必ずしも正解ではありません

女性の植毛においても、
採取には一般に後頭部が使われます。

もちろんAGAの場合と異なり、 CTEを起こしうるのですが、
それでも他の部分に比べると脱毛には
多少なりとも強いようです。

女性のための薄毛治療

薄毛の治療法である≪自毛植毛≫とはいったいどういうものなの?

自毛植毛はどこも同じではありません
アスク井上クリニックの自毛植毛i-SAFEとは

アスク井上クリニックのハイブリッド自毛植毛≪i-SAFE≫は、
これまでの施術とは一線を画す先進の術式です。
痛みや腫れが少なく、何より別次元の仕上がりの美しさ・・・。

自毛植毛は生えるのは当たり前、生えるだけでは本当の満足は生まれません。
高密度で圧倒的なボリューム感、そして超繊細な生え際のヘアデザインを生み出す

そもそもとは

薄毛の治療法である≪自毛植毛≫とはいったいどういうものなの?
移植したら本当にまた髪の毛が生えてくるの?
なるほど・・・知らないことが多い≪自毛植毛≫について分かりやすく説明します。

自毛植毛はどこも同じではありません