“だいじょ豚”を使用した焼豚。キメが細かく柔らかい『うちもも』と『しんたま』。

赤身を堪能!茨城で育った”だいじょ豚”の『とっくり焼豚』

6,500 円 (税込 / 送料別)

2本セット

菊地豚牧場で育った”だいじょ豚”を使用した焼豚。使用している部位は、キメが細かく柔らかい『うちもも』と『しんたま』。タレは30年変わらない精肉店秘伝の味。ラーメンのトッピングやおつまみ、サラダ、炒飯の具など食べ方は色々あります。

名称の『とっくり』は、骨つきもも肉を指す業界用語からつけました。

「あんぽ柿」の伝統を引き継ぎつつ、農薬や肥料を一切使用しない「自然栽培」

発祥の地から贈ります!自然栽培の元祖「あんぽ柿」8パック

6,800 円 (税込 / 送料別)

自然栽培のあんぽ柿(3〜6個入り×8パック):1パック(約200g)

当園が立地する伊達市梁川町は、「あんぽ柿」発祥の地です。大正時代に当地の若き徳農家がアメリカに渡り、カリフォルニアレーズンの乾燥技術を学び、それを柿に応用して美しい橙色のまま、中身がゼリー状のセミドライの干し柿を開発しました。そしてその干し柿に、江戸の昔から地元に伝わる干し柿の愛称である「あんぽ柿」の名前を付けました。※「天干し柿(あまぼしがき)」が地元流になまって「あんぽ柿」となったそうです。
当園では、地元の誇りであり100年を越える歴史のある「あんぽ柿」の伝統を引き継ぎつつ、農薬や肥料を一切使用しない「自然栽培」という新たな試みで原料の蜂屋柿を栽培しています。この土地の土と自然の力だけで育った柿をこの土地に吹く冬の冷たい風で乾燥させた「あんぽ柿」は香り高く濃厚でありながら後味のすっきりとした品のある味わいに仕上がっています。