シェアハウスだけど まるでワンルームのような生活!東京、家賃3万円~

東京、家賃3万円~【シェアドアパートメント】

全室鍵付き個室で
シェアするのは水回りのみ!

テレビ・冷蔵庫も
個室内に備え付け!

シェアハウスだけど
まるでワンルームのような生活!

こんな方にオススメ!

とにかく安く
東京都内に
住みたい
新宿・渋谷
池袋・品川・上野に
近いところに
住みたい
一人暮らしは
不安だからまずは
シェアハウスに
住みたい
短期間だけ
部屋を
借りたい
保証人
なしで
契約したい

キッチン・シャワー・トイレ・洗濯機などの水回りをシェアすることで、
初期費用と毎月の家賃を抑えた物件です。

東京、家賃が3万円~ 敷金0円、礼金0円、仲介手数料0円!初期費用3万円のみ。



来店不要でWEB申し込み可能、保証人不要、1ヵ月~入居可能なため、
地方学生・就活生・新卒の日本人や、短期留学・ワーキングホリデーで来日する外国人に人気。

家具家電付きシェアハウス300物件、3,500室以上!
日本最大級!
東京の人気エリアにアクセス抜群!

1ヵ月から契約可能/保証人不要/
共用部清掃サービス/トイレットペーパー・調味料・ゴミ袋などの備品の無料補充/
物件間の移動無料/WEB入居申し込み可/土日祝も営業/日英韓中対応可

AIやブロックチェーンといった最新のテクノロジー、学ぶことが出来ます。

無料のオンラインカリキュラム


AI、Ruby on Rails、UIなど、各分野のプロが執筆したカリキュラムを無料で学べます。

チャットで何度でも質問できますので、専門外の分野へも気軽に挑戦することができます。

プレミアムメンターによる勉強会

各業界で第一線で活躍するビジネスマン(プレミアムメンター)が登壇する勉強会を随時開催しています。

AIやブロックチェーンといった最新のテクノロジー、組織づくりやマネジメントといったビジネススキルを、少人数でじっくり学ぶことが出来ます。

季節の花や枝を生けると、富士山のダイナミックな風景を凝縮したような世界

水面に富士山が映り込む小さな水盤 ★高岡銅器 水盤 さかさ富士 赤富士 赤

水面に富士山が映り込む小さな水盤
★高岡銅器 水盤 さかさ富士 赤富士 赤

季節の花や枝を生けると、富士山のダイナミックな風景を凝縮したような世界が生まれます。水を張ると現れるさかさ富士に心が安らぎ、自然と笑みがこぼれることでしょう。

通常価格 税込5,280円

会員価格 税込5,280円

この商品のお届け可能期間は、2019/12/15~2020/01/30です。

サイズ サイズ:15×12.5×8cm
原産地 富山県
成分/素材 アルミ/砂型鋳造
付属品 梱包内容:水盤本体・剣山・取扱説明書

五月人形、インテリアとしても日常的に飾れる源義経公の戦国武将兜

五月人形、インテリアとしても日常的に飾れる源義経公の戦国武将兜 銀雅堂 源義経公兜

五月人形、インテリアとしても日常的に飾れる源義経公の戦国武将兜
銀雅堂 源義経公兜

義経の戦いぶりは、まさに勇敢。崖の上から馬で攻め降り、敵を本陣背後から襲撃。嵐の中、海の荒波を超えて敵本陣へ夜襲するなどの奇策があります。また、戦以外にもドラマティックなエピソードが多い義経は人々に愛される武将の一人です。当時の主流であった大鍬形の前立てが印象的です。

通常価格 税込16,500円

会員価格 税込16,500円

この商品のお届け可能期間は、2019/12/15~2020/01/30です。

オーボエでは不思議な呼吸法が出てきます。「息を捨てる」のです。



オーボエの音色に憧れる方はとても多いです。

あなたもきっと、あの独特の音色に憧れて今、このページを
読んでくださっていると思います。

ですが、ギネスも認定するほど「難しい楽器」として有名なオーボエ。

この「難しそう」という印象が先行してしまい、なかなか
手を出せない、と悩んでいらっしゃる方がとても多いのです。

また、誰かに教えてもらいたくても、なかなかオーボエ教室って近くには無いですよね。

なぜ、オーボエに憧れる人は多いのに、教える人が少ないのでしょうか。トランペットやサックス、クラリネット、フルートといったいわゆる「吹く楽器」というのは、肺活量が必要です。

息をたくさん吸って、沢山吐く。
なぜ、吹いているとクラクラするの?

大きな音を出そうとしたら、フーっと強く沢山の息を吹き込む必要があります。

ですから、肺活量の少ない女性では、吹きこなすのが大変です。

ですが、オーボエは不思議なことに「息の余る楽器」なのです。

音を出すのに、沢山の息が必要ないので、
肺活量が少なくても吹きやすい楽器です。

それなのに、なぜ、吹いているとクラクラするのでしょうか。

実は、「息が余るので、息継ぎをし忘れる」のです。

何だか面白いですよね。

つまり、肺の中の空気がなかなか無くならないので、息を吸う必要がなく、そのまま吹き続けてしまうのです。

すると、新鮮な空気が入ってこないので、クラクラするというわけです。

そこで、オーボエでは不思議な呼吸法が出てきます。

「息を捨てる」のです。