米麹から醸し出される自然の甘さが美味しい。32本 甘酒 米麹 こうじの恵

甘酒 米麹 こうじの恵

米麹から醸し出される自然の甘さが美味しい。32本 甘酒 米麹 こうじの恵 350ml 8本入り 4ケース 32本
商品番号 amazake-32
当店特別価格 ¥ 12,441 税込

商品内容 甘酒 米麹 こうじの恵 350ml 8本入り 4ケース 32本
原材料 米麹(国産米)、酸化防止剤(ビタミンC)
配達方法 常温便
賞味期限 製造日より8カ月
産地 福島県

米麹(米こうじ)だけで発酵させて作られているので、ノンアルコールです。 米麹(米こうじ)から醸し出されるスッキリとした自然の甘さが特徴です。 ストレートタイプの為、冷蔵庫で冷やしても、そのままでも美味しくお飲みいただけます。 温める場合は別容器に移してから温めてください。 350ml 8本入り 4ケース 32本

余ってしまった食品を、消費者に届けるフードロス対策 店舗、募集中!



余ってしまった食品を、消費者に届けるフードロス対策サービス登録店舗様、募集中!

登録費用・掲載費用は無料!

フードロスの出品に加え、
通常テイクアウト商品も販売OK! 店舗の登録や掲載、
出品に関しては一切費用がかかりません。

商品を出品し、売れた場合のみ
販売手数料を差し引きます。

※現在はキャンペーン中につき、
販売成立5件までは販売手数料も無料です。
以降、販売額の5%を販売手数料としていただきます。

キャンセルがあった時や、
たまにのご利用、大歓迎!
毎日はフードロスが出ない店舗さまでも、
予定外のキャンセルや
なんらかの理由で余ってしまうことがあると思います。

そんな時だけのご利用でも大歓迎です!

また、通常の商品をテイクアウト商品として
販売していただくことも可能です。

非塩素系除菌剤でレジオネラ属菌など、配管内の菌を一掃します。



一般家庭のお風呂についている「追い焚き機能」は、浴槽に溜まったお湯を冷めたら再び温められる構造になっています。

そのため人の体に付着していた雑菌がお湯に混ざり、給湯器などに運ばれる「配管」を通ります。

排水を行っても配管の中にお湯は残るため、内部ではどんどん菌が増殖していきます。また繁殖したレジオネラ菌などの菌は「バイオフィルム」いわゆる膜を作って配管の中に貼り付いてしまうので、

市販の風呂釜洗浄剤やバブルを発生させる洗浄では配管内の菌まで除去することはできないのです。

大衆浴場の配管洗浄から生まれた薬剤

大衆浴場や銭湯の長い配管内を洗浄している業務用洗剤を一般家庭用に改良した、バイオフィルムをはがしながら配管の外へ押し出す発泡洗浄剤です。

活性酸素を放出する酸素系薬剤でしっかり汚れを除去し、非塩素系除菌剤でレジオネラ属菌など、配管内の菌を一掃します。

使用する非塩素系薬剤は塩素系薬剤と比べ金属材料に対し低腐食性で配管を傷めることがないので大切なご自宅にも優しい薬剤で、臭いもなく、洗浄当日からストレスなくバスタイムを楽しむことができます。

iPhoneが起動しなくなってしまった際には一度部品交換をメインとした修理店に

iPhone 8(A1906)他店舗で修理不可と判断された起動出来ない本体のデータ復旧

他店舗で修理不可と判断されたiPhone8の修理をご紹介いたします。

FIREBIRDは基板修理をメインとした修理店です。
基板修理をメインとした修理店は全国でも数が少ない状態です。

しかし、iPhoneの部品交換をメインとした修理店は全国にかなり存在しています。
ぜひ、お使いのiPhoneが起動しなくなってしまった際には一度部品交換をメインとした修理店にお持ち込みされるのをお勧め致します。

部品交換をメインとした修理店で起動しなかった場合にはFIREBIRDをご検討ください。
FIREBIRDの基板修理で復旧する可能性があります。

部品交換をメインとした修理店で修理不可と判断される基準としては、「正常なフロントパネルと充電がある程度溜まっているバッテリーを基板に仮で装着しても起動しなかった状態」が基本となるかと思われます。

FIREBIRDでは、部品が損傷していた場合の部品交換に加えて、基板が損傷していた場合の基板の回路修復を行うことが出来ます。

旧 iPhone SE(A1723)原因不明で電源が入らない本体の電源復旧

旧 iPhone SE(A1723)原因不明で電源が入らない本体の電源復旧

基板の表裏全体に繋がっているチップがあり、見た目では焦げている部分も変色も見つからず。
一つ一つのチップにテスターを使用して電流の流れる値を確認していくことになりました。

こちらの写真の中に壊れたチップが隠れていました。
かなり拡大して確認するとほんの微かに変色が見られましたが肉眼では見えない程度の変色で「ここ!」と断言できるような状態ではありませんでした。

正しい数値が測れないことが判明しなければ見た目ではスルーしてしまうことでしょう。

数値でショートしていることが判明したチップを取り外し、再度数値を計測して回路が修復されていることを確認、問題が無い状態になったら電源と基板、フロントパネルのみで起動するか確認します。

基板背面の剥がしていた基板を保護する為のメタルプレートを基板に取り付けてから本体に基板を戻して修理完了です。