京都が誇る、“京菓子”文化を今に伝える老舗。笹屋伊織

300年の老舗が織りなす、伝統と革新。

可愛らしい意匠の和菓子や、棹菓子としての印象的などら焼など。
伝統と格式を重んじつつも、独創的な発想とセンスで多くの人を魅了し続ける「笹屋伊織」。

その始まりは、300年以上も昔に遡ります。
「笹屋伊織」の初代となる笹屋伊兵衛は、伊勢の城下町田丸で和菓子職人をしておりました。
その見事な腕前は評判となり、御所の招聘により上京します。
そして、京の地で暖簾を掲げました。享保元年(1716年)のことです。
以来、京菓子屋として屋号を賜り、京都御所と神社仏閣、茶道お家元の御用を勤め、確固たる地位を築き上げたのです。格式高く、五感で楽しむものと言われている“京菓子”。
色、形、味、感触、香り、を楽しみ、そして菓子の銘を聞く。
なんとも美しく雅な、趣のあるお菓子。
その“京菓子”の老舗である「笹屋伊織」が、新しい試みとして立ち上げたシリーズが「SASAYAIORI+」です。
京都ならではの素材に洋の要素を織り込んだ絶妙な調和は、モダンと伝統が両立された奥深い味わい。

雅で美しいお菓子から、親しみやすくかわいらしいお菓子まで。
歴史ある老舗でありながら、革新的な展開を続けている「笹屋伊織」だからこそ楽しめる逸品たちです。

京都が誇る、“京菓子”文化を今に伝える老舗。笹屋伊織

コメントを残す