<植毛>に重要な要素として「熟練の職人技」も必要

自毛植毛における<デザインとは何か>
・・・それは簡単に言うと「生え際」や「つむじ」を作ることといえるでしょう。

実際に髪の毛はどう生えてくるのか考えたことはありますか?
このことについては残念なことに植毛手術を行っている医師でさえもあまり考えていないのです。

この<髪の毛はどう生えてくるのか>
ということには科学的根拠があるはずで、私はその研究について全てを公開していませんが、これは他では真似できない理論であり、他のクリニックとの差別化という意味でもとても重要な部分になります。

この科学的根拠以外にも私は<植毛>に重要な要素として「熟練の職人技」も必要と考えています。

また、私自身としては「限りなく正確」に「生え際」や「つむじ」を作ることができるのは経験からくるものだけではなく、患者様のために正確に作りたいと思う<気持ち>こそがすべてだと思っています。

自分の作った作品に誇りを持つ職人と同じで、私がデザインにこだわるのは「職人」であり、また「作品」であるからこそ妥協することはないのです。

「自分の作品に誇りを持って臨んでいるからこそ、患者様の満足に繋がっている」私は常にそう考え日々患者様に向き合っています。

また施術して終わりではなく、その先のアフターフォロー(メンテナンス)も<職人としての誇り>があるからこそ一切怠ることはありません。


自毛植毛専門 男女を問わず、薄毛に悩む方々を総合的に治療

自毛植毛専門クリニック「アスク井上クリニック」です。
植毛界のレジェンドと名高い井上院長が、患者さん一人ひとりを親身に診察、治療を行います。

数々の植毛医を指導してきた井上院長は、AGA(男性型脱毛症)に限らず、 どのようなタイプの薄毛治療に精通しており、特に「生え際」の移植デザインは業界一とも言われています。

また、他の植毛クリニックで植毛をされた方々の修正手術や追加手術なども数多く手掛けており、 患者様の満足度もとても高い医師でもあります。 一般の方々は勿論、数多くの芸能人、著名人からの信頼も厚いまさにレジェンドドクターです。

自毛植毛の結果は、症例数のみならず、医師の技量、デザインセンスで大きく変わります。

今や多くの自毛植毛クリニックが乱立していますが、診察から手術、 アフターフォローまで、一貫して院長自ら行うアスク井上クリニックなら、
「診察した医師と手術担当医師が違う」
「言っていることが違う」
「カウンセリング時に、アドバイザー、カウンセラーと称する無資格者が診断行為(違法です)に近いことをしている」

そんなクリニックと、アスク井上クリニックは違います。