桃といえば夏の果物、ハウス栽培であれば初夏の季節から食べられます。

桃といえば夏の果物の代名詞ですが、ハウス栽培であれば初夏の季節から食べられます。

ハウス栽培の桃は露地栽培とどう違う?
パッと見ただけでは違いが分かりにくいハウス栽培と露地栽培の桃、しかし栽培方法の違いで味や形など仕上がりの品質が違ってきます。その違いをご紹介させて頂きます。

その1.初夏から食べられるハウス桃

桃といえば夏の果物の代名詞ですが、ハウス栽培であれば初夏の季節から食べられます。露地栽培の桃は収穫開始時期が遅れますが、ハウス栽培の桃であればそのタイミングを待たず、一足早く楽しめます。

その2.贈答用に向いた高品質な仕上がり

ハウス栽培の桃は露地栽培以上に水やりや温度調節など難しい部分もあり、手間暇や高い生産技術が必要で経費もかかります。しかし栽培環境がコントロールでき、雨風にさらされることがないために傷が少なく、見た目も美しい桃になります。また、病害虫も防除できるので高品質で贈答用に向いています。

コメントを残す