メンタルヘルスのキーパーソン 衛生管理者!

2015年12月
ストレスチェック義務化で、大注目の衛生管理者!

常時50人以上の事業場や工場で選任が義務付けられている衛生管理者。

人事総務など管理部門だけでなく、生産現場にも必要とされる資格です。
今、新たに、ハラスメント防止、ストレスチェックなど職場のメンタルヘルス推進のキーパーソンとして、活躍の場が広がっています。

今なら、衛生管理者に受講申し込みいただくと、コースに関係なく無料オプションとしてメンタルヘルス講座(ハラスメント防止・ストレスチェック編)も受講できます。

衛生管理者とは労働者の健康を守る専門家

衛生管理者とは

衛生管理者は、職場の衛生、作業条件・施設などを管理し、労働者の健康障害の防止、衛生上の調査及び改善、業務上疾病の原因の調査を行うことにより労働者の健康を守る専門家です。

労働安全衛生法により、常に50人以上の労働者を抱えている事業所では、必ず衛生管理者を1人以上置くことが義務付けられています。

第一種衛生管理者
全業種が対象

第二種衛生管理者
農林畜水産業、鉱業、建設業、製造業、電気業、ガス業、水道業、熱供給業、運送業、自動車整備業、機械修理業、医療業、清掃業を除く業種が対象

1日10分で英会話・TOEICを上達させる

英語を話したい方、TOEIC650点以上取りたい方に朗報です。
⇒1日10分英語学習で英会話・TOEICを上達させる方法とは?【無料体験版あり】無料!「英文・英単語がたった10分であきれるほど覚えられる方法」
英語を話したい方、TOEIC650点以上取りたい方に。たった10分の訓練で
英文・英単語をザクザク覚えられる方法があります。先着100名様無料です。
今すぐクリック⇒ 特集ページ