魚沼産コシヒカリは、全国でつくられるお米の総生産量の数%に満たない

日本を代表する米どころの一つ「魚沼」でつくられたコシヒカリは、
美味しいお米の筆頭格として言わずと知れた日本が誇るブランド米です。

魚沼産コシヒカリが米の食味ランキング(一般財団法人 日本穀物検定協会)において
最高評価である「特A」認定を獲得した回数は全国の銘柄の中で最多です。

魚沼産コシヒカリは、全国でつくられるお米の総生産量の数%に満たない貴重なお米で、
特別な土地で育まれています。

魚沼地域は新潟県の南に位置し、土地面積の約8割を森林で占める豪雪地帯であり、
高低差の大きい地形を有しています。

この地では、周辺に連なる山々によって磨かれたミネラルたっぷりの
水と山の澄み切った空気の中、長年にわたって米づくりが営まれてきました。

そんな米づくりに恵まれた土地でつくられた魚沼産コシヒカリは、その味わいの良さから
「お米の王様」「お米といえば魚沼」と評される由縁となっています。



求められる実践型プログラマーになるための独自カリキュラム

企業が求める実践型プログラマーの輩出を
目的としたスクールです。

飛躍的なIT技術の進歩に伴い、IT人材の需要は増え続けています。一方で、世界的にエンジニアが不足しており、経済産業省の調査では現在約17万人のIT人材が不足とされており、2020年には約37万人が不足となる予測がされています。

しかし不足しているとはいえ、プログラミングだけができる人材はどこの企業も求めていません。.Proは、単に技術を教えるだけではなく、企業が求めるクリエイティブクラス人材の輩出。

どこの企業でも
求められる実践型プログラマーになるための
独自カリキュラムを組んでいます。

独自カリキュラムの内容
・習熟度別、少数クラス制度
・定期的に行う生徒による制作発表会
・グループワークによる現場に近い環境づくり
・現役エンジニアによる直接指導



瀬戸内国際芸術祭2019特集



「瀬戸内国際芸術祭」は、瀬戸内海の12の島と2つの港を舞台に開催される現代アートの祭典。2010年から3年に1度開催されています。

4回目になる「瀬戸内国際芸術祭2019」は、会期を春、夏、秋の3シーズンに分けて開催。

4月26日から5月26日までを「ふれあう春」、7月19日から8月25日までを「あつまる夏」、9月28日から11月4日までを「ひろがる秋」としています。

JTBショッピングでは、「瀬戸内国際芸術祭2019」のガイドブックやオリジナルTシャツ、てぬぐい、缶バッジなど、公式グッズを販売しています。