簡単な質問に答えるだけのサイトとなっております 債務整理で人気

次の項目に該当する方は月々の支払いや借金を
減額できる可能性があります!

毎月の借金の返済がきつい
借金を長年返済しているが、
借金が減らない
借金の返済を滞納している
銀行や貸金業者から督促状が届いた

事例1 任意整理

30代男性
生活状況の改善案もいただき、月の返済金額も少なくなりました。

20代の頃に生活費が足りず借入を始めました。30代になり出費は増える一方で、3社で200万円以上の借金になっていました。利息しか返せない月も続き、アルスタさんへ相談しました。生活状況の改善案もいただき、月の返済金額も少なくなりました。返済の目途がたちとても感謝しています。ありがとうございました。

事例2 過払い

50代男性
借金の40万円を支払うどころか、手元に100万円近い金額が戻ってきました。

20代の頃に、事情があり借り入れを始めました。自分の預金口座のような感覚に陥り、借りては返してを繰り返し家族には内緒のまま50代を迎えました。そんな中、長期入院が決まり、40万円もの借金の返済をどうすれば良いか不安になりアルスタさんへ相談しました。過払い請求が可能と聞き、交渉期間中は返済はしなくて大丈夫と教えていただきました。結果、借金の40万円を支払うどころか、手元に100万円近い金額が戻ってきました。どうしたら良いか。という相談に色々な解決案を提示いただいてとても感謝しています。
【AT独占】アルスタ司法書士事務所 [債務整理]

旅人たちに評判のお菓子がありました。柏屋 薄皮饅頭

柏屋 薄皮饅頭特集
このエントリーをはてなブックマークに追加
柏屋 薄皮饅頭特集
今から160年以上も昔、旅人たちに評判のお菓子がありました。

嘉永5年(1852年)、黒船が来航する1年前のお話です。
奥州街道郡山宿のお茶屋で、ひとつの饅頭が誕生しました。
食べた人が美味しいと和んでくれるよう、ただ包むだけではなく。
まごころを込めて、薄い皮でたっぷりの餡を包んだお饅頭。
あまりの美味しさから、遠回りをしてでも食べたい饅頭、と旅人たちの間で評判になっていきました。

そのお饅頭こそが柏屋の「薄皮饅頭」です。

時代の変化により、当時のお饅頭とは使用している素材も姿も様変わりしてきましたが、ひとつだけ変わらないものがあります。
それは、薄い皮でたっぷりの餡を、まごころ込めて包むということ。

しっとりとした食感で、コクのある、ほんのりと甘い皮。
その皮に包まれた餡は、なめらかなこしあんや、小豆の風味が活きた粒あん。
一口頬張れば、やさしい甘さがじわりと広がり、すっきりとした後味から、ひとつ、またひとつと食べてしまう。

日本を代表する、三大まんじゅうの1つである柏屋の「薄皮饅頭」をご紹介します。
旅人たちに評判のお菓子がありました。柏屋 薄皮饅頭