誰もが美味しく召し上がれるお食事をお届けするサービス

病気で食事制限が必要な方やシニアの方々、より健康な食生活を目指す方など、誰もが美味しく召し上がれるお食事をお届けするサービスです。

管理栄養士が考案した安心メニュー
管理栄養士による、美味しくバランスよいお食事を提供

安全の食事作り
衛生管理された工場で、調理工程に工夫を凝らし、美味しさを追求して製造

調理・食事管理が簡単
栄養価計算が不要、電子レンジで温めるだけで召し上がれます

専門家による健康サポート体制
チャット形式での栄養相談のほか、医師や薬剤師への健康相談も可能

※スギサポプレミアムへのお申し込みが必要です。

初めての方や不定期購入の方へ
平日12時までのご注文で5日後にお届け
何度でもお好きなセットをご注文可能



節税してお金を増やすことが目的、逆に、節税のためにお金が減っている



(この話は、信じられないかも知れませんが、私が税理士になる前の税理士事務所で起こった節税の実体験です。)

「S先生!! 言われたとおりに節税したのに、お金が減ってるよぉ!! なんで500万円以上も減ってるんだよぉ!」

大きな声で怒鳴りながら、A社長が真っ赤な顔をして税理士事務所に入ってきた。

この社長は、税理士に節税のコンサルティングを依頼してきたのだが、お金が減ってしまっている。

お金を増やすために、税理士にわざわざ節税を依頼したのに・・・。
これでは、次の事業投資ができない。

節税してお金を増やすことが目的だったのに、逆に、節税のためにお金が減っているのである。

これでは、なんのための税理士か分からない・・・。

その会社の節税を担当していた私の先輩税理士は、一生懸命に節税内容の説明をしているが、A社長は治まる気配も無い。

結局、先輩税理士が考えた節税の方法に納得がいかないままに帰ってしまった。

「やばい!このままでは節税トラブルにより税理士の顧問契約が切られてしまう」
「そうなったら、先輩が所長に怒られてしまう・・・」

私も人の子である。

先輩も、節税に納得できていない社長もかわいそうになった。

そこで、先輩税理士には黙って、その社長の後を追いかけて節税に関する説明をした。

その節税の説明とは?