長崎県内で収穫された茂木種のびわのみを使用した「茂木ビワゼリー」。

伝統の味わいを守りつつも、柔軟な発想から新商品を生み出す老舗。
1844年創業の長崎・茂木に本店を構える「茂木一〇香本家」。

和菓子、洋菓子、焼き菓子と幅広いジャンルで、体にやさしく美味しいお菓子を作り続けている名店です。

中国伝来の不思議なお菓子「一〇香」など、代々受け継がれてきた伝統と味を守りつつも、「茂木ビワゼリー」といった新しい商品を生み出す、柔軟な発想と挑戦を続ける姿勢は県内・県外問わず多くの人に愛されています。

★茂木一〇香 元祖 茂木ビワゼリー 8個入

長崎県内で収穫された茂木種のびわのみを使用した「茂木ビワゼリー」。
物産展などの催事では早い時間から行列ができる、完売必至の逸品です。

畑でひと房ごと丁寧に袋かけをされたびわの実のように、ゼリーを包む袋を開け中からあふれる大粒の「茂木ビワゼリー」を是非ともお楽しみください。

※冷蔵庫でよく冷やすことによって、より美味しく召し上がることができます。

長崎県内で収穫された茂木種のびわのみを使用した「茂木ビワゼリー」。

旅人たちに評判のお菓子がありました。柏屋 薄皮饅頭

柏屋 薄皮饅頭特集
このエントリーをはてなブックマークに追加
柏屋 薄皮饅頭特集
今から160年以上も昔、旅人たちに評判のお菓子がありました。

嘉永5年(1852年)、黒船が来航する1年前のお話です。
奥州街道郡山宿のお茶屋で、ひとつの饅頭が誕生しました。
食べた人が美味しいと和んでくれるよう、ただ包むだけではなく。
まごころを込めて、薄い皮でたっぷりの餡を包んだお饅頭。
あまりの美味しさから、遠回りをしてでも食べたい饅頭、と旅人たちの間で評判になっていきました。

そのお饅頭こそが柏屋の「薄皮饅頭」です。

時代の変化により、当時のお饅頭とは使用している素材も姿も様変わりしてきましたが、ひとつだけ変わらないものがあります。
それは、薄い皮でたっぷりの餡を、まごころ込めて包むということ。

しっとりとした食感で、コクのある、ほんのりと甘い皮。
その皮に包まれた餡は、なめらかなこしあんや、小豆の風味が活きた粒あん。
一口頬張れば、やさしい甘さがじわりと広がり、すっきりとした後味から、ひとつ、またひとつと食べてしまう。

日本を代表する、三大まんじゅうの1つである柏屋の「薄皮饅頭」をご紹介します。
旅人たちに評判のお菓子がありました。柏屋 薄皮饅頭