ウクレレのきれいな構え方を知ろう構え方は最初が肝心。どんな楽器?



レッスン1
ウクレレってどんな楽器?
ウクレレの種類や楽器の部位の名称など、
初めての方がウクレレ選びからスタートできるよう
詳しく解説しています。

レッスン2
ウクレレのきれいな構え方を知ろう
構え方は最初が肝心。変な癖がつかないように
正しい構え方を映像できちんと学んでおきましょう。
色々なパターンで解説していますので、あなたに
合った構え方を知ることができます。

レッスン3
チューニングの手順を
マスターしよう
ウクレレは放っておくと、音が狂ってしまいます。
練習前に狂った音を正しく調節します。
とっても簡単なのですが、知らないとできないことなので、ぜひ学んでおきましょう。

レッスン4
実際にウクレレを弾いてみよう
人差し指1本で押さえる弾き方からスタート。
楽しく実際に弾いてみましょう。
右手も左手もアップで見られるので
弾き方を間近で見ている感覚です。

レッスン5
指1本で歓びの歌にチャレンジ!
年末よく耳にする「第九」と言われる「歓びの歌」
を弾いてみましょう。左手は指1本で押さえるだけなので初めてでも弾きやすい曲です。
まずは1曲弾けたという喜びをぜひ味わってみてください。

モバイルルーター!アプリ・ゲーム・動画もサクサク!プロバイダ契約も不要。



速度は下り最大150Mbps。ドコモのXiR(クロッシィ)電波を利用しているため、どこでも無線でインターネットができる大変便利なサービスです。

簡単な手続きだけで、すぐにインターネットがご利用可能です。

別途プロバイダ契約も不要。
メール・セキュリティなど充実したオンリーサービスオプションもご利用可能です!

スマホ・タブレットでアプリを存分に楽しめたり容量の大きなメールもスイスイ送れます。

もちろん高画質にHD動画も快適に楽しめます。

データ容量無制限でネット使い放題! 国内・海外どこでも使える!即日発送



よくありがちな最初の3か月間だけ安いプランや1年経過後に料金が高くなってビックリ!

なんて心配はありません。

どんなときもWiFiは契約してから2年間ずーっと料金が変わらないので安心してご契約頂けます。

海外利用もこれ1台

どんなときもWiFiなら面倒な手続き不要!
かんたんな設定のみで海外に持っていき電源ONにするだけで利用可能!
しかも低速後は無制限でご利用いただけます!

今までは海外でwifiを利用する場合、事前にwifiルーターをレンタルしたり海外オプションの加入など手続きが必要でした。

どんなときもWiFiなら国内も海外もこの端末1台で兼用が可能!
面倒な手続き不要で急な旅行や出張にも簡単便利にご利用いただけます。

どんなときもWiFi端末をそのまま海外に持って行って電源をONにするだけで利用可能です!

どんなときもWiFiは海外の利用がメインの方はもちろん、日本での利用がメインで突発的に海外に行くことがあるお客様、どちらの利用シーンでも海外でのインターネットをお得にご利用いただける料金設定にしております。

どんなときもWiFiはご契約されてから即日発送※なので最短翌日からモバイルwifiルーターをご利用いただけます!

送料は日本全国無料で、離島にお住いの方も無料でお届けしますので安心してご利用ください。

全くのサックス初心者でも、ドレミが読めなくても、サックスを吹くことが先決



もしあなたがサックスを購入して練習を始めようと思ったら、
まず楽器屋さんに行くと思います。

そのとき楽器屋さんで「サックスを見せてください」と言うと、店員さんにこう聞かれます。
「どのサックスをお探しですか?」

実は、サックスにはいくつか種類があるのです。
これをよく“サックスファミリー”と家族に例えたりします。

そこで、そのサックスファミリーの中でも、一般的によく演奏で使われる4種類をご紹介しますね。

高い音が出るものから、
ソプラノサックス、アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックスです。

他にもいくつかサックスはあるのですが、この4種類が基本です。
この中で、テナーやバリトンよりも小さく持ち歩きしやすくて、初心者でも扱いやすいと人気!

それが『アルトサックス』です。

もちろん入門用としてだけでなく、音域(出る音の高さ)も演奏にちょうどいいので、
他のサックスと比べても、もっとも演奏者が多いです。

ウクレレ 楽器をやりたいけど、大きな音が出るのが心配」という方に



ウクレレは小さな楽器です。
ですから初めての方でも持ちやすく、
弾きやすい楽器なのです。

指を動かす範囲が広くないので、
指の移動もラクラク。
置く場所も取りませんし、持ち運びも軽いです。

体力の衰えを感じる方、女性の方などに特に人気です。 他の楽器と違い、音が大きくありませんので、
ご近所さんの目もあまり気にせず練習できるのが嬉しいところです。

音も穏やかで和みます。

「楽器をやりたいけど、大きな音が出るのが心配」という方にもピッタリの楽器なんです。

チューニングの手順を
マスターしよう
ウクレレは放っておくと、音が狂ってしまいます。
練習前に狂った音を正しく調節します。
とっても簡単なのですが、知らないとできないことなので、ぜひ学んでおきましょう。