女子♀の性病検査

女子♀の性病検査室
性病検査♀とは
尿の検査

女性における性感染症の症状は、実にとらえにくいものです。

というのも、女性は正常な状態でも、生理的に膣からの分泌物があり、それが、ホルモン周期によって、質・量ともに絶えず変化するものですから、どこまでが正常なおりもので、どこからが異常なのかという線引きが難しいのです。

そのくせ、病気かどうかを知るサインは、この膣分泌物をおいて他にないというのも、病気の発見を遅らせることにつながります。

さらに、膣内に細菌感染が成立した場合、実際には、女性においても男性同様、その細菌によって尿道炎や膀胱炎が起きているのですが、その症状を訴える方が少ないことを考えると、やはり、女性の性感染症は自覚症状としては、とらえにくいと言わざるを得ません。

この膣分泌物の検査では、性感染症の代表ともいえる、クラミジア、淋病の他にも、大腸菌、B群連鎖球菌などの一般細菌やカンジダ、トリコモナスの検出、さらには、子宮頸がんの検診やヒト・パピローマ・ウイルスの低リスクタイプ・中〜高リスクタイプのスクリーニングなど、得られる情報は、非常に多岐にわたっています。

コメントを残す