乱用薬物10種スクリーニング 検査 (尿検査)

薬物10種スクリーニング検査(尿検査)
乱用薬物10種スクリーニング 検査 (尿検査)

No. 50007
【一般採尿セット 一般器材の為、認証コード不要】

◆検査内容の詳細◆
以下の検出対象薬物が尿中にあるかどうかを調べます。
◆検出対象薬物◆
・覚せい剤(※1):アンフェタミン、メタンフェタミン(ヒロポン)
・覚せい剤原料(※1):エフェドリン、メチルエフェドリン、ノルエフェドリン
・アヘンアルカロイド系麻薬(※2):エチルモルヒネ、コデイン、ジヒドロコデイン、モルヒネ
・コカアルカロイド系麻薬(※2):コカイン、ベンゾイルエクゴニン(コカイン代謝物)
・合成麻薬(※2):ジピパノン、デキストロモラミド、メタドン(メサドン)、ペチジン、オキシコドン
・幻覚剤(※2):MDA(メチレンジオキシアンフェタミン)、MDMA(メチレンジオキシメタンフェタミン)、フェンシクリジン
・大麻・マリファナ:THCカルボン酸体(大麻成分代謝物)
・フェノチアジン類:プロメタジン
・興奮剤・向精神薬:イソプレナリン、エチレフリン、カチン(ノルシュードエフェドリン)、ストリキニーネ、
・ドキサプラム、ベメグリド、ペンタゾシン、メチルフェニデート、メトキシフェナミン、チオリダジン
・その他:アセトアミノフェン、クロルフェニラミン、ジフェンヒドラミン、ベラパミル、リドカイン、ブロムフェニラミン
※1「覚せい剤取締法」の規制対象薬物
※2「麻薬及び向精神薬取締法」の規制対象薬物
◆検体◆尿
◆正常値◆尿中に対象薬物が検出されないこと

コメントを残す