がん検査

がん検査室
がん検査とは

現在、我が国で、がんに罹る人の数は、年間およそ53万人であり、また、がんによって亡くなる人は、年間およそ32万人です。

これを単純に考えてみると、国民全体の240人に1人ががんに罹り、400人に1人が亡くなっている計算になります。

10人ががんに罹ると、6人は亡くなると言ったほうがわかりやすいかも知れません。

ここで大切な事は、がんで亡くなる人の割合(対人口10万人で表す死亡率)は、1940年代から、現在まで、正比例のグラフのように上昇を続け、特に、1980年からは、脳血管疾患、心疾患をおさえて、常に死亡率全体の中での首位をキープし続けているということです。これ程までに、がんは、我々国民の健康を脅かしているのです。

kensa.bizのがん検査室では、がんの早期発見を目指すため、以下のような検査のラインナップをとりそろえました。

コメントを残す