酵素を選ぶ、添加物や保存料、カラメル色素などの着色料が入っていない事が大事



酵素ドリンクは、色々と種類があり価格も様々です。
酵素八十八選と他社の酵素との違いをお伝えしたいと思います。

ついお手頃な価格なものを選んでしまうと思いますが、
酵素を選ぶ時は、添加物や保存料、カラメル色素などの
着色料が入っていないものを選ぶ事が大事です。

着色料は食品添加物の代表成分ですが、最近では
その着色料を含んだ酵素ドリンクも多く出回ってきています。

添加物や保存料、人口甘味料、着色料は、体内にある
大切な酵素を過剰に消費してしまい、酵素の消化活動も抑制してしまいます。

また、人口甘味料を毎日摂取する事で、
体に負担がかかり、やがて影響が出る事が予想されます。

●スクラロース、ネオテームなどの人口甘味料、
●カラメル色素などの着色料
●安息香酸ナトリウムなどの保存料

この辺りが酵素ドリンクに含まれていないかチェックしてみましょう。

また、酵素八十八選は管理栄養士で体質改善研究家の
米倉かなさんから、ご推薦されています。

米倉さんは、クリニック約400人の栄養管理を一人で行う他、
特定保健指導、ネイチャーメイド購入者に向けた
WEB上栄養レポート担当、健康セミナー講師などをしていらっしゃる方だそうです。

原料のプラセンタは酪農大国デンマーク産の食肉用豚由来プラセンタを使用



『プラセンタ100 CORE』の原料のプラセンタは世界有数の酪農大国デンマーク産の
食肉用豚由来プラセンタを使用しています。

食用なので品質管理も厳格に行われています。

ちなみに市場に多く出回っている馬プラセンタはサラブレッド。
サラブレッドは競走馬として飼育されている馬なのでそもそも
食用として育てられているわけではございません。

他社様で扱われている馬プラセンタの安全基準がどこまでのものなのか?

厳密に調査をしたわけではございませんが、やはり口にいれるなら
「食用のほうが良い」というこだわりにより弊社は豚プラセンタを採用しています。

【まとめ買い】【送料無料】米沢牛モモ【しゃぶしゃぶ用】 2kg 【冷凍便】

米沢牛> まとめ買い

【まとめ買い】【送料無料】米沢牛モモ【しゃぶしゃぶ用】 2kg 【冷凍便】

特別価格20,000円(税込)

脂身の少ない赤身のお肉

商品名 米沢牛モモ 2kg
お届け内容 米沢牛モモ 2kg
レシピ付き
賞味期限 お届け日より冷凍で30日(要冷凍-18℃以下)

【まとめ買い】【送料無料】米沢牛ロース特選【しゃぶしゃぶ用】 3kg 【冷凍便】

米沢牛> まとめ買い

【まとめ買い】【送料無料】米沢牛ロース特選【しゃぶしゃぶ用】 3kg 【冷凍便】

特別価格77,000円(税込)

見事な霜降りと最高の柔らかさをご堪能下さい

商品名 米沢牛ロース特選 3kg
お届け内容 米沢牛ロース特選 3kg
レシピ付き
賞味期限 お届け日より冷凍で30日(要冷凍-18℃以下)

酵素を選ぶ、添加物や保存料、カラメル色素などの着色料が入っていない事が大事



酵素ドリンクは、色々と種類があり価格も様々です。
酵素八十八選と他社の酵素との違いをお伝えしたいと思います。

ついお手頃な価格なものを選んでしまうと思いますが、
酵素を選ぶ時は、添加物や保存料、カラメル色素などの
着色料が入っていないものを選ぶ事が大事です。

着色料は食品添加物の代表成分ですが、最近では
その着色料を含んだ酵素ドリンクも多く出回ってきています。

添加物や保存料、人口甘味料、着色料は、体内にある
大切な酵素を過剰に消費してしまい、酵素の消化活動も抑制してしまいます。

また、人口甘味料を毎日摂取する事で、
体に負担がかかり、やがて影響が出る事が予想されます。

●スクラロース、ネオテームなどの人口甘味料、
●カラメル色素などの着色料
●安息香酸ナトリウムなどの保存料

この辺りが酵素ドリンクに含まれていないかチェックしてみましょう。

また、酵素八十八選は管理栄養士で体質改善研究家の
米倉かなさんから、ご推薦されています。

米倉さんは、クリニック約400人の栄養管理を一人で行う他、
特定保健指導、ネイチャーメイド購入者に向けた
WEB上栄養レポート担当、健康セミナー講師などをしていらっしゃる方だそうです。

原料のプラセンタは酪農大国デンマーク産の食肉用豚由来プラセンタを使用



『プラセンタ100 CORE』の原料のプラセンタは世界有数の酪農大国デンマーク産の
食肉用豚由来プラセンタを使用しています。

食用なので品質管理も厳格に行われています。

ちなみに市場に多く出回っている馬プラセンタはサラブレッド。
サラブレッドは競走馬として飼育されている馬なのでそもそも
食用として育てられているわけではございません。

他社様で扱われている馬プラセンタの安全基準がどこまでのものなのか?

厳密に調査をしたわけではございませんが、やはり口にいれるなら
「食用のほうが良い」というこだわりにより弊社は豚プラセンタを採用しています。