「伴天」は着物の上に羽織るもの、江戸時代に庶民の間に広がりました

文化をまとう粋な象徴 袖なし伴天

「伴天」は着物の上に羽織るものとして、江戸時代に庶民の間に広がりました。今では、日本のお祭りに欠かせないアイテムとして、人々の暮らしの中で愛用されています。「伴天」の前と後ろの部分に入れた柄は、伝統的な「市松模様」です。江戸時代に歌舞伎役者が穿いた袴の柄に由来しています。軽い綿生地で出来ているため、暑い夏でも軽く羽織ることができます。着物よりも気軽に着られる「伴天」で、和の文化をまとってみてください。

税込5,500円

この商品のお届け可能期間は、2022/01/23~2022/03/06です。

サイズ 商品サイズ:着丈94 身幅:64cm
パッケージサイズ:36×22.5×0.8cm
容量 270g
重量 270g
成分/素材 綿100%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です