大阪の名店、「大阪・難波 自由軒」のレトルトカレーです。

大阪の名店、「大阪・難波 自由軒」のレトルトカレーです。 ★大阪・難波 自由軒 名物カレーセットB

玉葱をじっくり炒めて、店舗でも使用しているオリジナルのカレーパウダーを使用し、スパイスの効いた本格的なカレーに仕上げました。フライパンひとつでお店の味をお楽しみいただけます。

税込5,400円

この商品は送料込み価格です。

この商品のお届け可能期間は、2021/12/05~2021/12/25です。

内容量 [名物カレー200g・四代目ウスターソース15ml]×8箱
サイズ 箱サイズ:29.9×18×11.8cm
賞味期間 常温360日

門司港地ビール工房の金賞受賞ビール2種で煮込んだカレーです

焼きカレーは門司港の名物料理です。 ★門司港地ビール煮込み焼きカレー5個セット

お酒が飲めない方、ビールが苦手な方にも人気です。門司港地ビール工房の金賞受賞ビール2種で煮込んだカレーです。誰でも簡単にビール薫る焼カレーを作ることが出来ます。贈答用にも最適です。 ※使用したビールは煮沸してアルコール分は飛ばしています。

税込4,320円

この商品は送料込み価格です。

この商品のお届け可能期間は、2021/12/04~2022/01/18です。

内容量 門司港地ビール特製地ビール煮込み焼きカレー5個
サイズ 箱サイズ:13×10×16.5cm
賞味期間 常温2年

東京チカラめし福袋 牛丼&カレー5袋+ペア並盛どんぶりセット

東京チカラめし福袋 牛丼&カレー5袋+ペア並盛どんぶりセット

価格: ¥6,980 (税込)

\通常価格14,000円のところ、衝撃の50%OFF!/
あの「どんぶり」がなんと2個セットでついてきちゃいます!
カップルで、親子で、もちろん一人でも・・・おうち焼き牛丼を楽しもう!

●福袋中身
①東京チカラめし冷凍焼き牛丼の具115g×5袋

②東京チカラめし応援カレー(レトルト)180g×5袋

③東京チカラめし並盛サイズどんぶり×2つ

●お召し上がり方・・・
【電子レンジの場合】
冷凍のまま、袋の封を切らずに、蒸気口を上にして耐熱皿にのせて500Wで3分20秒温めてください。
電子レンジの機種により加熱時間を調整してください。
【湯煎の場合】
冷凍のまま、袋の封を切らず、鍋のフタをせず、沸騰しない程度のお湯で約6分温めてください。

トマト煮やカレー味など5種の洋風の仕立てに。

あたためるだけの煮焼き魚セット 洋風 10食入(ギフト用)

価格: ¥4,900 (税込)

【人気の「あたためるだけ煮焼き魚セット」に、洋風セットが新登場!】

「お魚を手軽に、美味しく」をコンセプトに、
富士山のふもと・駿河湾沼津の港町ならではの高い水産加工技術と、
割烹出身の社長の熟練の技でつくり上げる、やさしい味わいの煮魚・焼き魚を
幅広い年代の方にお召し上がりいただけるよう、トマト煮やカレー味など5種の洋風の仕立てに。
お子様のいるご家庭にもピッタリのギフトです。

特殊な真空パックを使用し急速冷凍することで、
魚の臭みやパサつきを感じず、できたての美味しさをお召し上がりいただけます。

調理は冷凍のまま湯せん、または電子レンジであたためるだけ。
手作りでは手間ひまのかかる魚料理が簡単に出来上がります。
忙しい方にも嬉しいポイントです。

「あたためるだけ煮焼き魚セット」 和風&洋風全10種

あたためるだけの煮焼き魚セット 和風&洋風 10食入(ギフト用)

価格: ¥4,900 (税込)

【人気の「あたためるだけ煮焼き魚セット」 和風&洋風全10種の詰め合わせ】

「お魚を手軽に、美味しく」をコンセプトに、
富士山のふもと・駿河湾沼津の港町ならではの高い水産加工技術と、
割烹出身の社長の熟練の技でつくり上げる、やさしい味わいの煮魚・焼き魚です。
幅広い年代の方にお召し上がりいただけるよう、新たにトマト煮やバジル風味など5種の洋風仕立てが登場。
お子様のいるご家庭にもピッタリのギフトです。

特殊な真空パックを使用し急速冷凍することで、
魚の臭みやパサつきを感じず、できたての美味しさをお召し上がりいただけます。

調理は冷凍のまま湯せん、または電子レンジであたためるだけ。

眠りのためにできること。追い求めるのは「眠りの時間」の質。

眠りをデザインする【Literie リテリー】
眠りを変え、目覚めを変え、
日常を変える。
30年にわたりモダンファニチャーを作り続けてきた
私たちだからこそできる「眠りのデザイン」。
「Literie リテリー」はあなたの眠りを変え、人生をより豊かにします。 眠りのためにできること。
リテリーが、追い求めるのは「眠りの時間」の質。
理想的なコア素材「ライトウェーブ」に出会ったときの衝撃は忘れられません。「ライトウェーブ」との出会い、リテリーの「眠りの時間」への思いをご紹介します。